ニューオータニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社ニューオータニ
NEW OTANI CO.,LTD.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
102-8578
東京都千代田区紀尾井町4番1号
設立 1963年1月18日
(大谷国際観光株式会社)
業種 サービス業
事業内容 チェーンホテル事業
代表者 代表取締役社長 大谷和彦
資本金 34億6,200万円
売上高 470億7,888万円(2009年3月期)
従業員数 2,166名(2009年4月1日現在)
決算期 3月31日
主要子会社 株式会社テーオーシー 16.67%
(2009年9月30日現在)
関係する人物 大谷米太郎(創業者)
清水肇(代表取締役常務取締役兼ホテルニューオータニ総支配人)
外部リンク http://www.newotani.co.jp/group/
テンプレートを表示

株式会社ニューオータニ(英:New Otani Co., Ltd.)は、ホテルニューオータニ(総支配人:清水肇)などを運営する、東京都千代田区紀尾井町に本社を構えるチェーンホテル運営会社である。

概要[編集]

1963年(昭和38年)に大谷米太郎が「大谷国際観光株式会社」として創業。東京オリンピックのあった1964年に国際ホテルとして「ホテルニューオータニ」が開業。帝国ホテルホテルオークラとともに、ホテルの「御三家」と称される。

東急グループヒルトンホテルと提携して東京ヒルトンホテルを開設しようとした際に最初に候補となった土地を活用して、オーナーの大谷米太郎が開設したのが、現在同チェーンの中心となる、紀尾井町の「ホテルニューオータニ」であった。

このホテルは、森村誠一の小説で映画化もされた「人間の証明」の舞台となったことでも知られる。最上部の「回る展望台レストラン」のシルエットが物語の重要な鍵になっている。また、スパイ映画「007は二度死ぬ」(1967年)では、悪役組織の日本の本拠「大里化学」の本社ビルとして登場した。また、創業者の大谷米太郎が力士出身だったため、大相撲関係者の結婚式などのイベントにも使用される。

当初、ホテルの名前は「オータニ・シェラトン・ホテル」となる予定で開業前の従業員募集の広告などは「オータニ・シェラトン・ホテル」となっている[1]

一時期、最上階の回転レストランの回転を停止しようとの声が内部から上がったが、利用者からの反対により撤回された。なお、この回転技術は、戦艦大和の主砲の回転技術を考案した技術者により実現した。

沿革[編集]

  • 1963年1月18日 - 大谷国際観光株式会社を設立。
  • 1963年7月4日 - 紀尾井観光有限会社を設立。
  • 1963年10月28日 - 紀尾井観光有限会社が大谷国際観光株式会社を吸収合併し、大谷観光株式会社に商号変更。
  • 1964年9月1日 - 「ホテルニューオータニ」開業。本館は日本初の超高層ビル。
  • 1965年5月31日 - 株式会社ホテルニューオータニに商号変更。
  • 2000年6月2日 - 株式会社ニューオータニに商号変更。

歴代社長[編集]

役員[編集]

日本国内[編集]

ホテルニューオータニ ザ・メイン(本館)
ホテルニューオータニ ガーデンタワー
ホテルニューオータニ大阪

直営

グループホテル

アソシエイト

過去に展開または加盟していたホテル

日本国外[編集]

グループホテル

過去展開ホテル

  • ホテルニューオータニロサンゼルスは、2007年11月30日をもってニューオータニを離脱し、翌12月1日より名称を京都グランドホテル&ガーデンズに変更した。名称に「京都」とあるが、ホテル運営会社は日本企業ではない。現在の名称はヒルトン系列のダブルツリー バイ ヒルトン ホテル ロサンゼルス ダウンタウン。

提携クレジットカード[編集]

以下の提携クレジットカードが、発行されている。

関連企業[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞昭和39年1月12日・従業員募集広告

関連項目[編集]

外部リンク[編集]