鉄永幸紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鉄永 幸紀
てつなが ゆきのり
生年月日 1947年11月21日
出生地 日本の旗 鳥取県気高郡青谷町
(現・鳥取市
没年月日 (2015-12-08) 2015年12月8日(68歳没)
出身校 大阪大学理学部中退
前職 青谷町議会議員
鳥取県議会議員
所属政党自由民主党→)
無所属
公式サイト 鉄永幸紀後援会

選挙区 (旧気高郡選挙区→)
鳥取市選挙区
当選回数 6回
在任期間 1991年4月7日 - 2013年11月26日

青谷町議会議員
当選回数 4回
在任期間 1973年7月 - 1989年
テンプレートを表示

鉄永 幸紀(てつなが ゆきのり、男性、1947年11月21日 - 2015年12月8日)は、日本政治家実業家青谷町議会議員(4期)、鳥取県議会議員(6期)。社会福祉法人青谷福祉会理事長有限会社鉄永商店代表取締役

概要[編集]

鳥取県気高郡青谷町(現・鳥取市)生まれ。

1966年3月、鳥取県立鳥取西高等学校卒業。大阪大学理学部在学中の1969年1月、父を交通事故で亡くし、家業「鉄永商店」を継ぐため中退[1]。その後、鉄永商店の経営再建を成功させた[2]

1973年7月、25歳で青谷町議会議員に初当選。1985年7月、青谷町議会議長。1988年7月、鳥取県町村議会議長会議長。

1991年4月、鳥取県議会議員で初当選[3]1999年5月、鳥取県議会自由民主党政調会長。2003年7月、自由民主党鳥取県連幹事長。2007年5月10日、鳥取県議会議長( - 2009年6月4日)。2011年4月、鳥取県議会自由民主党会長。

2013年11月26日、翌年4月に実施される鳥取市長選挙に無所属で出馬のため、議員辞職願を提出。同日付で議員辞職[4]

2014年4月13日、鳥取市長選挙にて落選。投票数は、深澤義彦:29,625票、鉄永幸紀:25,690票、福浜隆宏:25,645票。投票率は、52.96%[5][6]

2015年12月8日心筋梗塞のため死去[7]。68歳没。


脚注[編集]

外部リンク[編集]

先代:
山根英明
鳥取県の旗 鳥取県議会議長
第80代:2007年 - 2009年
次代:
小谷茂