本城藤造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
本城 藤造
ほんじょう とうぞう
生年月日 1880年
出生地 鳥取県気高郡大和村横枕
(現鳥取市横枕
没年月日 1932年
出身校 鳥取県立倉吉農学校
(現鳥取県立倉吉農業高等学校
前職 農業技術員
大和村長

大和村長
在任期間 1919年 -

鳥取県会議員
在任期間 1923年 - 1932年(任期中に死去)

第34代鳥取県会議長
在任期間 1932年 - 1932年(任期中に死去)
テンプレートを表示

本城 藤造(ほんじょう とうぞう、明治13年(1880年) - 昭和7年(1932年))は、日本政治家。第34代鳥取県会議長[1]。元鳥取県気高郡大和村[2]農業[2]

経歴[編集]

鳥取県気高郡大和村横枕(現鳥取市)、本城竹次郎の長男[3]

1895年倉吉農学校(現倉吉農業高等学校)卒[3]

1901年から農業技術員として鳥取・大分群馬新潟県下に勤務[3]

1919年大和村長、1923年から県会議員となり、1932年第34代の県会議長に就任したが、2ヵ月足らずで任期中に死去[3]

民政党県支部幹事長、鳥取県一心会評議員も務めた[3]

家族 親族[編集]

本城家[編集]

(鳥取県鳥取市横枕
  • 父・竹次郎[2]
平造東伯郡倉吉町、徳岡仁平婿養子となる[2]
杢三鳥取県郷土人物文献データベース--本城杢三
  • 妻・すみ(気高郡大和村倭文、中村平蔵長女[2]
明治15年(1882年)2月生[2] - 没
  • 妻・文子[2]
明治37年(1904年)11月生[2] - 没

近親者[編集]

参考文献[編集]

  • 『鳥取県大百科事典』編集・新日本海新聞社鳥取県大百科事典編集委員会、1984年、892頁。

脚注[編集]

  1. ^ 歴代正副議長/鳥取県議会/とりネット/鳥取県公式サイト
  2. ^ a b c d e f g h 『因幡人事興信録』(ほ)之部一九一
  3. ^ a b c d e 『鳥取県大百科事典』895頁
  4. ^ a b 『因幡人事興信録』(か)之部三四三

外部リンク[編集]