塩崎彰久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
塩崎 彰久
しおざき あきひさ
生年月日 (1976-09-09) 1976年9月9日(45歳)
出生地 日本の旗 愛媛県松山市
出身校 東京大学法学部
前職 弁護士
官房長官秘書官
現職 衆議院議員
所属政党 自由民主党安倍派[1]
親族 塩崎潤(祖父)
塩崎恭久(父)
公式サイト 塩崎あきひさ公式サイト

選挙区 愛媛1区
当選回数 1回
在任期間 2021年11月2日[2] - 現職
テンプレートを表示

塩崎彰久(しおざき あきひさ、1976年(昭和51年)9月9日 - )は、日本政治家弁護士自由民主党所属。衆議院議員(1期)。

来歴[編集]

松山市立道後小学校、愛光中学校愛光高等学校をへて、1999年、東京大学法学部卒業。スタンフォード大学へ留学し、国際政治学を学ぶ。

帰国後、長島・大野・常松法律事務所入所。父の塩崎恭久第1次安倍内閣官房長官を務めた際には、秘書官として官邸勤務。2008年からはペンシルバニア大学ウォートン校に留学。日本人として初めて学生自治会長を務める。

塩崎恭久の次期総選挙不出馬にともなって自民党県連が実施した、愛媛1区候補公募に応募。2021年7月、18人の中から候補者に選ばれた[3]2021年10月31日、第49回衆議院議員総選挙にて初当選。11月25日、清和政策研究会に加入する。

おもな業績[編集]

政策・主張[編集]

外交・安保[編集]

  • 攻撃を受ける前に相手の拠点をたたく「敵基地攻撃能力」の保有について反対[4]
  • 日本の核武装について将来にわたって検討すべきではないとしている[4]

経済・財政[編集]

  • 消費税率について当面は10%を維持すべきとしている[4]
  • 原発は当面は必要だが、将来的には廃止すべきとしている[4]
  • 外国人労働者をもっと受け入れるべきとしている[4]

憲法改正[編集]

その他[編集]

人物[編集]

家族[編集]

妻と長男、次男。

エピソード[編集]

  • 2021年6月19日、父の塩崎恭久が記者会見で「次世代へのバトンタッチが必要だ。地域や国のために、形がどうあれ貢献していきたい」と述べ、年内に予定される第49回衆議院議員総選挙には出馬せず、引退する意向を示した[5][6]。自民党県連による公募での書類と面接審査の末、後続として長男の彰久が総選挙に出馬することが決まった[7]

所属団体・議員連盟[編集]

書籍[編集]

共著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 自民・安倍派、95人に 時事通信社 2021年11月25日配信 2021年11月25日閲覧
  2. ^ 令和3年11月2日愛媛県選挙管理委員会告示第89号(衆議院小選挙区選出議員選挙における当選人)
  3. ^ “「自民県連 衆院愛媛1区候補公募で、塩崎彰久氏に決定”. 愛媛新聞. (2021年7月9日). https://www.ehime-np.co.jp/article/news202107090066 2021年8月29日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g h 第49回衆院選”. 毎日新聞. 2021年11月23日閲覧。
  5. ^ “塩崎元厚労相が引退表明 次期衆院選に出馬せず”. 産経新聞. (2021年6月19日). https://www.sankei.com/article/20210619-3KWLMAB7V5PENAMJD35OX5J6YY/ 2021年6月20日閲覧。 
  6. ^ “次期衆院選に不出馬表明 塩崎氏「次世代へバトンタッチ」 後継候補は公募(登録制)”. 愛媛新聞ONLINE. (2021年6月19日). https://www.ehime-np.co.jp/article/news202106190139 2021年6月20日閲覧。 
  7. ^ 自民県連 衆院愛媛1区候補公募で、塩崎彰久氏に決定愛媛新聞2021年7月9日
  8. ^ “2021年12月号”. 全国たばこ新聞 (全国たばこ販売協同組合連合会). (2021年11月25日). https://zenkyou.xsrv.jp/wp-content/uploads/2021/11/2021%E5%B9%B412%E6%9C%88%E5%8F%B7.pdf#page=3 2021年11月29日閲覧。 

外部リンク[編集]