佐々木紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佐々木 紀
ささき はじめ
生年月日 (1974-10-18) 1974年10月18日(43歳)
出生地 石川県能美郡根上町(現・能美市
出身校 東北大学法学部
前職 会社役員
日本青年会議所石川ブロック協議会会長
現職 衆議院議員
自由民主党石川県第2選挙区支部長
所属政党 自由民主党細田派
称号 学士(法学)
配偶者  有
公式サイト 佐々木紀 公式ウェブサイト

選挙区 石川2区
当選回数 3回
在任期間 2012年12月18日[1] - 現職
テンプレートを表示

佐々木 紀(ささき はじめ、1974年(昭和49年)10月18日 ‐ )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(3期)。

概要[編集]

石川県能美市出身(森喜朗とは同郷)。石川県立小松高等学校を経て東北大学法学部卒業[2]脚本家佐々木守は伯父[2]。元プロ野球選手の松井秀喜とは中学の同級生。元石川県議会議員の佐々木博は祖父の弟にあたる[3]

東北大学卒業後、仙台にて友人と輸入ビジネスを起業。2003年に石川県へ戻り、父の経営するビル管理会社に入社した[2]2010年に小松青年会議所理事長、2011年日本青年会議所石川ブロック協議会会長に就任し、青年会議所の活動やボランティアなどを通して新潟・福島ゲリラ豪雨東日本大震災による被災地支援をおこなった[2]

2012年9月に、次期衆院選不出馬を表明した元首相の森の後継候補として自由民主党の公募で選出され[3]、同年12月の第46回衆議院議員総選挙石川2区から出馬し、2位以下の候補者に4倍近い差をつけて初当選した[4]。当選後は清和政策研究会(細田派)に所属。2014年12月の第47回衆議院議員総選挙に石川2区から出馬し、再選。2017年10月の第48回衆議院議員総選挙で3選[5]

政治的主張[編集]

  • 日本の核武装については、「将来にわたって検討すべきでない」としている[6]
  • TPPへの参加には反対であり、「コメなど可能な限り多くの例外品目を設けるべき」だとしている[6]
  • 女性宮家の創設については反対を表明している[6]
  • 選択的夫婦別姓制度導入に反対[7]
  • 憲法改正と集団的自衛権の行使に賛成。
  • アベノミクスを評価する。
  • 原発は日本に必要。[8]

所属団体・議員連盟[編集]

その他[編集]

  • 2014年12月17日、加賀市にある社会福祉法人の課長が、佐々木の名前を記した投票用紙を障害がある入所者の女性3人に渡し、投票に干渉したとして逮捕された[11][12]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『石川県公報』号外第85号の2、平成24年12月21日(石川県選挙管理委員会告示第99号
  2. ^ a b c d 佐々木紀公式ウェブサイト プロフィール
  3. ^ a b 森元首相の後継は佐々木氏 自民が衆院石川2区擁立へ
  4. ^ 1区 馳氏が雪辱 2区 佐々木氏 3区 北村氏 中日新聞(2012年12月17日)
  5. ^ 石川-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  6. ^ a b c 2012衆院選 候補者アンケートの回答 毎日新聞選挙毎日
  7. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  8. ^ 2014衆院選 毎日新聞候補者アンケート
  9. ^ a b c 俵義文 『日本会議の全貌』 花伝社、2016年
  10. ^ 「自民勉強会発言――安保国会新たな火種」『毎日新聞』50135号、14新版、毎日新聞東京本社2015年6月27日、3面。
  11. ^ 「障害者施設職員 入所者の投票に干渉か」、日本テレビニュース
  12. ^ 「福祉施設で投票干渉容疑、石川 自民党候補者名記入か」、共同通信、2014年12月17日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]