住博司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
住 博司
すみ ひろし
生年月日 1954年8月19日
出生地 日本の旗 富山県魚津市
没年月日 (1998-07-11) 1998年7月11日(満43歳没)
出身校 早稲田大学政治経済学部卒業
前職 NHK放送記者
所属政党 自由民主党
称号 学士(早稲田大学)・1977年
親族 住栄作(父)

選挙区 旧富山1区→)
富山2区
当選回数 3回
在任期間 1990年2月19日 - 1998年7月11日
テンプレートを表示

住 博司(すみ ひろし、1954年8月19日 - 1998年7月11日)は、日本政治家。NHK放送記者を経て、衆議院議員(3期)、厚生政務次官などを務めた。

第2次中曽根内閣法務大臣を務めた住栄作の次男。自由民主党所属。

来歴・人物[編集]

富山県魚津市出身。麹町小学校麹町中学校早稲田大学高等学院早稲田大学政治経済学部卒業[1]1977年NHK入局。放送記者として活動。NHKで京都府警のキャップだったころ、共同通信の同キャップが青山繁晴だった。

1987年、NHK退職。当時の宮澤喜一蔵相の秘書となる。1990年第39回衆議院議員総選挙に父の地盤を引き継ぎ旧富山1区から立候補し初当選(当選同期に岡田克也佐田玄一郎藤井裕久鈴木俊一亀井久興中谷元森英介福田康夫石原伸晃河村建夫小林興起塩谷立古屋圭司細田博之松岡利勝小坂憲次山本拓赤城徳彦村田吉隆簗瀬進山本有二など)。宮沢派に所属した。1993年第40回衆議院議員総選挙ではトップ当選した。1996年第41回衆議院議員総選挙では、小選挙区比例代表並立制導入に伴い富山2区から立候補、全国トップの高得票率(84.8%)で3選。

1997年11月、腸閉塞のため入院。その後一時復帰したものの入退院を繰り返し、1998年7月11日に多臓器不全のため慶應義塾大学病院で死去。享年43。7月14日に増上寺慈雲閣にて葬儀が行われた。葬儀委員長は当時自民党幹事長で父・栄作と1972年衆院選当選同期の加藤紘一が務めた。

主な役職[編集]

  • 厚生政務次官
  • 自由民主党遊説局長
  • 自由民主党国対副委員長
  • 自由民主党政務調査会社会部会長

脚注[編集]

  1. ^ 第143回国会 本会議 第2号 平成十年八月四日(火曜日)

関連項目[編集]