永江孝子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
永江 孝子
ながえ たかこ
生年月日 (1960-06-15) 1960年6月15日(57歳)
出生地 愛媛県松山市
出身校 神戸大学法学部
前職 衆議院議員
所属政党 民主党 →)
無所属
称号 法学士
公式サイト 元衆議院議員 ながえ孝子 公式サイト

選挙区 比例四国ブロック愛媛1区
当選回数 1回
在任期間 2009年 - 2012年11月16日
テンプレートを表示

永江 孝子(ながえ たかこ、1960年6月15日 - )は、日本政治活動家民主党所属の元衆議院議員(1期)、民主党愛媛県連代表。元南海放送アナウンサー

経歴[編集]

愛媛県松山市出身。松山市立東雲小学校、松山市立御幸中学校(現・松山市立東中学校)、愛媛県立松山東高等学校神戸大学法学部を卒業後、1983年南海放送に入社[1]

長らく人気番組を中心に担当してきたが、政治活動のため2008年9月19日に退職、担当番組も降板した。

2009年8月30日第45回衆議院議員総選挙愛媛1区より民主党公認で出馬。安倍内閣内閣官房長官を務めた塩崎恭久に対しリードするも、後半に逆転されて敗れ、比例四国ブロックで復活し初当選した。

2012年12月16日第46回衆議院議員総選挙では愛媛1区で再び塩崎に敗れ、比例復活ならず落選。2014年12月14日第47回衆議院議員総選挙でも愛媛1区で再び塩崎に敗れ、比例復活ならず落選[2]

2016年7月に行われた第24回参議院議員通常選挙愛媛県選挙区から出馬したが、自民党公認の山本順三に僅差で敗れた[1]

政策[編集]

  • 子どもの医療費の無償化、幼児から大学までの教育無料化、延長・休日・病児保育の充実を「次世代への応援政策」として掲げている[3]
  • 安全保障関連法の廃止と集団的自衛権の閣議決定撤回を主張している[3]
  • 憲法9条の改正に反対[3]
  • 原発は日本に必要ない[3]
  • 「政治とカネ」の問題を払拭する為に国会議員の定数削減、世襲議員の制限、企業団体献金の禁止を提案している[3]
  • 選択的夫婦別姓制度導入についての選択式アンケートにおいて、「どちらかといえば賛成」としている[4]。「最高裁判所も、氏名民族読み訴訟の中で、「氏名は人が個人として尊重される基礎であり、その個人の人格の象徴であつて、人格権の一内容を構成するもの」と認めているように、名前は自分という人間の大事な看板であり、自分が愛着を持ってなじんで使えて、誇りを持てるものがよい。そのためにも同制度が必要」と述べている[5]

アナウンサー時代の主な担当番組[編集]

退職時役職[編集]

  • 報道技術本部局次長兼放送部長

人物[編集]

  • 家族は「夫と1女1男と2匹の
  • 趣味は「映画鑑賞、旅行」
  • 好きな物は「コーヒー、野菜サラダ」

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]