高橋比奈子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高橋 比奈子
たかはし ひなこ
生年月日 (1958-01-19) 1958年1月19日(59歳)
出生地 日本の旗岩手県盛岡市
出身校 日本大学芸術学部
前職 岩手県議会議員
現職 厚生労働副部会長
所属政党 自由民主党麻生派
称号 芸術学士
公式サイト 衆議院議員高橋ひなこ 自由民主党岩手県第一選挙区支部

選挙区 比例東北ブロック岩手1区
当選回数 3回
在任期間 2012年12月16日 - 現職
テンプレートを表示

高橋 比奈子(たかはし ひなこ、1958年1月19日[1] - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(3期)。本名は横田 比奈子[2]

岩手県議会議員(2期)、盛岡市議会議員(3期)、EM菌の広報・教育などを行う[3]NPO法人地球環境共生ネットワーク理事、環境大臣政務官第2次安倍内閣第3次安倍内閣)を務めた。

概要[編集]

岩手県盛岡市[4]生まれ。盛岡市立仁王小学校盛岡市立下小路中学校盛岡白百合学園高等学校を経て、日本大学芸術学部放送学科卒業。大学4年の時にテレビ東京の朝番組アシスタントを務める[5]1981年テレビ岩手報道制作局アナウンス部入社。1986年、退社しフリーアナウンサーとなり、株式会社プロアナウンサーネットワークパネットに所属。1994年、退社[6][7]

1995年、盛岡市議会議員初当選。以後3期務める。2005年7月、岩手県議会補欠選挙で盛岡選挙区から自由民主党公認で出馬し、初当選。2006年には、岩手県議会議員としてドイツ・スイス・イタリアにEM菌と有機農業について海外地方行政視察に赴く[8]2009年8月4日、2期目の途中で辞職[9]

同年8月30日第45回衆議院議員総選挙に、自民党公認で岩手1区から出馬したが、民主党階猛に大差で敗れ、落選。

EM菌関連組織であるNPO法人地球環境共生ネットワーク(U-net)で、世話人の鎌田真行世と共に岩手での活動の中心を担い、EM菌を使った池の浄化(EM菌支持者はEM菌には水質改善効果があると考えている)・生ゴミのリサイクル、盛岡市内全小学校でのEM菌に基づく環境学習の普及などを活発に行う[10]。地球環境共生ネットワークの理事を経て、2012年12月16日第46回衆議院議員総選挙に、自民党公認で岩手1区から出馬。再び階に敗れるも、比例東北ブロックで復活し初当選した[11]2014年9月、第2次安倍内閣環境大臣政務官に就任。同年12月14日第47回衆議院議員総選挙に、自民党公認で岩手1区から出馬。再び階に敗れるも、比例復活で再選[12]。同年第3次安倍内閣で環境大臣政務官に再任。2015年自由民主党政務調査会厚生労働副部会長に就任[要出典]2017年10月22日第48回衆議院議員総選挙に、自民党公認で岩手1区から出馬。再び階に敗れるも、比例復活で3選[13]

政策[編集]

家族[編集]

  • 父-横田綾二(元日本共産党岩手県議会議員)[5][16]
  • 祖父-横田忠夫(無産運動家、盛岡市議会議員)[17]
  • 祖母-横田チエ(初の女性岩手県議会議員、盛岡市議会議員)[4][17]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]