高橋比奈子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高橋 比奈子
たかはし ひなこ
Hinako Takahashi.jpg
公式肖像写真(2019年撮影)
生年月日 (1958-01-19) 1958年1月19日(63歳)
出生地 日本の旗 日本 岩手県盛岡市
出身校 日本大学芸術学部
前職 テレビ岩手アナウンサー
岩手県議会議員
現職 文部科学副大臣
所属政党 自由民主党麻生派
称号 芸術学士
親族 父・横田綾二(元岩手県議会議員)
長男・高橋康介(岩手県議会議員)
公式サイト 衆議院議員高橋ひなこ 自由民主党岩手県第一選挙区支部

選挙区 比例東北ブロック岩手1区
当選回数 3回
在任期間 2012年12月16日 - 現職

選挙区 盛岡市選挙区
当選回数 2回
在任期間 2005年 - 2009年

当選回数 3回
在任期間 1995年 - 2005年
テンプレートを表示

高橋 ひなこ(たかはし ひなこ、1958年1月19日[1] - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(3期)。本名は横田 比奈子[2]文部科学副大臣菅義偉内閣)。

岩手県議会議員(2期)、盛岡市議会議員(3期)、環境大臣政務官第2次安倍内閣第3次安倍内閣)を務めた。

概要[編集]

岩手県盛岡市[3]生まれ。盛岡市立仁王小学校盛岡市立下小路中学校盛岡白百合学園高等学校を経て、日本大学芸術学部放送学科卒業。大学4年の時にテレビ東京の朝番組アシスタントを務める[4]1981年テレビ岩手報道制作局アナウンス部入社。1986年、退社しフリーアナウンサーとなり、株式会社プロアナウンサーネットワークパネットに所属。1994年、退社[5][6]

1995年、盛岡市議会議員初当選。以後3期務める。2005年7月、岩手県議会補欠選挙で盛岡選挙区から自由民主党公認で立候補し、初当選。2009年8月4日、2期目の途中で辞職[7]

同年8月30日第45回衆議院議員総選挙に、自民党公認で岩手1区から立候補したが、民主党階猛に大差で敗れ、落選。

2012年12月16日第46回衆議院議員総選挙に、自民党公認で岩手1区から立候補。再び階に敗れるも、比例東北ブロックで復活し初当選した[8]2014年9月、第2次安倍内閣環境大臣政務官に就任。同年12月14日第47回衆議院議員総選挙に、自民党公認で岩手1区から立候補。比例復活で再選[9]。同年第3次安倍内閣で環境大臣政務官に再任。2015年自由民主党政務調査会厚生労働副部会長に就任[要出典]2017年10月22日第48回衆議院議員総選挙に、自民党公認で岩手1区から立候補。比例復活で3選[10]

2020年9月18日菅義偉内閣文部科学副大臣科学技術文化担当[11])に就任。

政策[編集]

人物[編集]

家族[編集]

  • 父 - 横田綾二(元日本共産党岩手県議会議員)(1927〜2016)[4][18]
  • 祖父 - 横田忠夫(無産運動家、盛岡市議会議員)(1900〜40)[19]
  • 祖母 - 横田チエ(初の女性岩手県議会議員、盛岡市議会議員)(1901〜79)[3][19]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 時事ドットコム:2012年衆議院議員総選挙
  2. ^ 平成29年中央選挙管理会告示第26号(平成29年10月27日官報)
  3. ^ a b 平成24年(2012年)7月3日 自由民主
  4. ^ a b 盛岡タイムス Web News
  5. ^ プロフィール
  6. ^ [1]環境省
  7. ^ 岩手県議会会議録 次に、地方自治法第126条ただし書きの規定により
  8. ^ 岩手 小選挙区
  9. ^ 岩手 - 開票速報 - 2014衆院選:朝日新聞デジタル
  10. ^ 岩手-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  11. ^ 文科副大臣に田野瀬氏、高橋氏 政務官は鰐淵氏、三谷氏 教育新聞. 2020年9月18日
  12. ^ 特定秘密保護法 国会議員の投票行動”. 東京新聞. 2014年12月13日閲覧。
  13. ^ 2014年衆院選 朝日東大谷口研究室共同調査
  14. ^ a b c d e f g h i 2017年衆院選 朝日東大谷口研究室共同調査
  15. ^ 2017年2月15日の受動喫煙対策法の厚生労働部会の各議員の発言に突っ込んでみた” (2017年2月16日). 2018年4月22日閲覧。
  16. ^ 賛同者一覧 国民を守るための「真水100兆円」令和2年度第2次補正予算に向けた提言” (日本語). 【議員連盟】日本の未来を考える勉強会. 2020年9月18日閲覧。
  17. ^ a b c プロフィール”. 高橋ひなこ 自由民主党岩手県第一選挙区支部. 2020年12月3日閲覧。
  18. ^ 第三回文化サロン 「岩手県議会よもやま話」
  19. ^ a b 第130回:横田チエ(よこたちえ)
  20. ^ “2019年12月号_2面”. 全国たばこ新聞 (全国たばこ販売協同組合連合会). (2019年11月25日). http://zenkyou.xsrv.jp/wp-content/uploads/2020/07/2019%E5%B9%B412%E6%9C%88_%EF%BC%92%E9%9D%A2.pdf 2020年7月21日閲覧。 
  21. ^ a b 俵義文 『日本会議の全貌』 花伝社、2016年
  22. ^ プロフィール|高橋ひなこ 自由民主党岩手県第一選挙区支部”. takahashihinako.jp. 2018年12月17日閲覧。
  23. ^ 会員一覧” (日本語). 【議員連盟】日本の未来を考える勉強会. 2020年9月18日閲覧。

外部リンク[編集]

公職
先代:
上野通子
亀岡偉民
日本の旗 文部科学副大臣
田野瀬太道丹羽秀樹と共同

2020年 -
次代:
現職
先代:
牧原秀樹
浮島とも子
日本の旗 環境大臣政務官
福山守と共同

2014年 - 2015年
次代:
­ 白石徹
鬼木誠