橋本英教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
橋本 英教
はしもと ひでのり
生年月日 (1967-08-28) 1967年8月28日
出生地 日本の旗岩手県大船渡市
没年月日 (2018-09-07) 2018年9月7日(51歳没)
死没地 岩手県盛岡市
出身校 慶應義塾大学商学部
前職 衆議院議員秘書
所属政党 自由民主党細田派

選挙区 比例東北ブロック岩手3区
当選回数 2回
在任期間 2012年12月17日 - 2017年9月28日
テンプレートを表示

橋本 英教(はしもと ひでのり、1967年8月28日 - 2018年9月7日)は、日本政治家自由民主党所属の元衆議院議員(2期)。

経歴[編集]

岩手県大船渡市生まれ。大船渡北小学校、大船渡中学校盛岡第一高等学校を経て[1]1993年3月、慶應義塾大学商学部卒業[2]。同年4月から1998年12月まで、電源開発に勤務[1]

1999年岩手県議会議員選挙で大船渡市選挙区に自由民主党公認で立候補したが、自由党藤原良信(のちに参議院議員)、無所属の田村誠に敗れ落選[3]。同年6月、玉沢徳一郎秘書を、2001年9月、尾身幸次秘書を務める[1]

NPO法人日中友好市民倶楽部理事、南開大学日本語学部客員講師、山東省日照市人民政府経済建設顧問を経て、2003年4月、岩手県議会議員選挙で大船渡市選挙区に自民党公認で再び立候補するが、またも藤原、田村に敗れた[4]

2005年第44回衆議院議員総選挙岩手3区に自民党公認で立候補したが、民主党黄川田徹に敗れ落選。2009年第45回衆議院議員総選挙で、再び黄川田に敗れ落選。2011年3月に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う東日本大震災では、大船渡市の実家兼事務所が津波で流された[1][5]

2012年第46回衆議院議員総選挙では、民主党の黄川田、日本未来の党の佐藤奈保美(旅館経営者、父は元衆議院議員の菅原喜重郎[6])に敗れたが、比例東北ブロックで復活し初当選。2014年第47回衆議院議員総選挙でも黄川田に敗れたものの、比例復活で再選。

2017年7月、中国人女性との関係や飲酒を巡る問題を報じた週刊誌報道を受け、自由民主党岩手県連副会長を辞任した[7]

2017年10月の第48回衆議院議員総選挙では自民党東北ブロックの比例単独(25位)で立候補するも落選、議席を失った。

2018年9月7日、脳出血のため盛岡市の病院で死去[8]。51歳没。

政策[編集]

所属議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]