宮本一三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
宮本 一三
みやもと いちぞう
生年月日 (1931-09-07) 1931年9月7日
出生地 兵庫県南あわじ市
没年月日 (2016-08-17) 2016年8月17日(84歳没)
死没地 京都府八幡市
出身校 一橋大学経済学部
ハーバード大学大学院
前職 大蔵省官僚
所属政党無所属→)
新生党→)
新進党→)
自由民主党→)
新党日本→)
国民新党
称号 経済学博士Ph.D.)(ハーバード大学)
経済学士(一橋大学)、従四位[1]
公式サイト 宮本一三ホームページ

選挙区旧兵庫2区→)
兵庫9区
当選回数 3回
在任期間 1993年7月19日 - 2003年10月10日
テンプレートを表示

宮本 一三(みやもと いちぞう、1931年9月7日 - 2016年8月17日[2])は、日本政治家大蔵省大臣官房(現財務省大臣官房審議官等を経て退官後、自由民主党所属衆議院議員となり、金融再生総括政務次官や、文部科学副大臣を務めた。

プロフィール[編集]

兵庫県三原郡西淡町(現在の南あわじ市)出身。兵庫県立洲本高等学校卒業、1955年一橋大学経済学部卒業。大学卒業後大蔵省に入省。1960年ハーバード大学大学院を修了し経済学博士Ph.D. in Economics)の学位を取得。博士論文は"The Role of Tied Aid in Indonesian Economic Developmentz"。1962年国税庁大阪国税局桜井税務署長、1966年インドネシア政府経済顧問、1974年国税庁直税部法人税課長、1979年大蔵省国際金融局総務課長、1980年大蔵省大臣官房審議官(大臣官房担当)、1981年国税庁名古屋国税局長。1993年7月18日第40回衆議院議員総選挙で、新生党公認で兵庫2区から出馬し初当選を果たした。その後、小選挙区制で行われた1996年第41回衆議院議員総選挙では新進党公認で兵庫9区から出馬し原健三郎らを破って再選(原は比例復活で再選、宮本自身も新進党では唯一人近畿ブロック重複立候補していた)。その後自由民主党に移籍し宏池会入会。1999年自由民主党政務調査会財政部会長。2000年第42回衆議院議員総選挙でも原の秘書だった無所属新人西村康稔らを破って当選し3期連続当選を果たし、金融再生総括政務次官に就任。2002年衆議院予算委員会理事及び自由民主党兵庫県支部連合会会長に就任。2003年9月20日文部科学副大臣に就任。その後東北福祉大学特任教授、日本国際通商支援協同組合代表理事、NPO法人日本文字文化機構副理事長、三田メガソーラー株式会社代表取締役などを務めた[3][4][5][6][7]

政策[編集]

不祥事[編集]

国税当局への圧力問題[編集]

1996年、名古屋国税局が所得税法違反(脱税)容疑で強制調査(査察)していた宮本の知人の元会社役員(36)の脱税事件について、当時の同局査察部長に調査内容を問い合わせ、刑事処分に手心を加えるよう圧力的な内容の電話をかけていたことが発覚した[9][10]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』6866号(平成28年9月27日)
  2. ^ “元衆院議員の宮本一三氏死去 84歳、南あわじ市出身”. 神戸新聞. (2016年8月21日). http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201608/0009411657.shtml 2016年8月21日閲覧。 
  3. ^ 「プロフィール」宮本一三
  4. ^ 「宮本 一三」首相官邸
  5. ^ 『震災に克つ経済』幻冬舎2011年
  6. ^ 週刊文春2012年1月26日号140P
  7. ^ 月刊「正論」 2012年5月号 202-209P
  8. ^ 読売新聞2010年参院選 各党候補者アンケート
  9. ^ 時事通信社 2000年9月4日
  10. ^ 日本経済新聞2000年9月3日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
河村建夫
渡海紀三朗
日本の旗 文部科学副大臣
原田義昭と共同
2003
次代:
原田義昭
稲葉大和
党職
先代:
滝実
青山丘
新党日本副代表
第3代:2005 – 2006
次代:
有田芳生