安積明子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
安積明子
ペンネーム 安積 明子
誕生 日本の旗 日本兵庫県
職業 ライター
ジャンル 政治
公式サイト 政治ジャーナリスト・安積明子  NEWS WEBSITE Eleutheria
テンプレートを表示

安積 明子(あづみ あきこ)は、日本政治ジャーナリスト、ライター。兵庫県出身[1]

略歴・人物[編集]

兵庫県立姫路西高等学校慶應義塾大学経済学部経済学科卒業[2]国会議員政策担当秘書資格試験に合格後、参議院議員の政策担当秘書[3]として勤務。

その後、執筆活動に入り、フリーランスの政治ジャーナリストとして週刊誌や月刊誌など多数の媒体に寄稿している。

2020年3月14日に開かれた安倍普三首相の会見で、内閣記者クラブに加盟していないフリーランスの記者として初めて質問した。

趣味は宝塚歌劇団やミュージカル鑑賞の他、美術館巡りなど。

執筆[編集]

著作[編集]

  • 野党共闘(泣)。 ―学習しない民進党に待ち受ける真っ暗な未来―(2016年11月9日、ワニブックス) ISBN 978-4847065798
  • “小池”にはまって、さあ大変! ―「希望の党」の凋落と突然の代表辞任―(2017年12月8日、ワニブックス) ISBN 978-4847066016
  • 「記者会見」の現場で見た永田町の懲りない人々(2019年4月14日、青林堂ISBN 978-4792606473
  • 「新聞記者」という欺瞞 - 「国民の代表」発言の意味をあらためて問う ー (2020年1月27日、ワニブックス) ISBN 978-4-8470-9883-3
  • 新聞・テレビではわからない、永田町のリアル(2021年1月24日、青林堂)ISBN 978-4792606961
  • 眞子内親王の危険な選択(2021年3月22日、ビジネス社)ISBN 978-4828422565

執筆[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

インターネット配信[編集]

講演[編集]

  • 世日クラブ講演[4](2019年6月13日、東京都内)

脚注[編集]

  1. ^ プロフィール”. NEWS WEBSITE Eleutheria . 2015年6月19日閲覧。
  2. ^ 安積 明子”. 東洋経済オンライン . 2018年4月22日閲覧。
  3. ^ 『国会便覧 平成8年』日本政経新聞社。
  4. ^ 報道の自由とは何か ~官房長官会見から見える政治報道”. ビューポイント. 世界日報. 2020年3月1日閲覧。

外部リンク[編集]