片上公人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

片上 公人(かたかみ こうじん、1939年6月28日 - 2010年4月?)は、日本の政治家。元参議院議員(当選2回)。神戸市出身[1]キャッチコピーは『地球人・未来人・片上公人』

来歴[編集]

  • 神戸大学経済学部卒業[1]。神戸市職員、創価学会の地元役員[2]聖教新聞記者[1]などを経て1986年第14回参議院議員通常選挙兵庫県選挙区より公明党公認で出馬し、当選。1992年選挙で再選を果たす。
  • 1995年秋[3]、女性秘書に対するセクハラで告訴される。1995年11月16日には自民党日本社会党さきがけ日本共産党の全女性議員22人が事実関係の調査と片上議員の議員辞職を求める超党派の声明を出した。22日には、自民党の石井道子南野知惠子、社会党の千葉景子日下部禧代子大脇雅子栗原君子、さきがけの堂本暁子、共産党の吉川春子阿部幸代が参院議長に対して「多くの女性の憤りや疑問に答えるためにも速やかな事実の解明を求める」との申し入れ書を手渡した[4][5]
  • 片上は「事実無根」と主張していたが、本会議で片上が壇上に立つと平成会を除く各党の女性議員25人のうち11人が抗議のために一斉退席するなど国会内でも波紋を拡げた。記者会見した石井道子は「片上氏はセクハラ疑惑で裁判が係争中で平成会の調査も不十分であり本会議の質問に立ったのは納得できない。」などと語った[6][7]
  • 1997年12月24日、一審の東京地裁は片上敗訴の判決を下した。この判決では女性側の主張通りの事実を認定した。それによると、1995年2月20日原告が洗い物をしていると片上がいきなり抱きついてきて唇や頬をなめ回され、胸や肩を噛まれ、スカートの下に手を入れるなどされたという。25日には、公明代表の藤井富雄が片上に離党の意向があることを明らかにした上で、「離党しなければ離党勧告や除名を行う。」と述べた。翌26日、片上は離党し、翌年の選挙の出馬を断念した[8][9][10][11][12][13]
  • 1998年8月25日、二審の東京高裁は一審判決を支持し、片上側の控訴を棄却した。判決によると原告女性は参議院会館の事務所で当時現職であった被告から抱きつかれ、乳房や肩を噛まれるなどの行為を受けた[14]
  • 1999年2月9日に最高裁判所で上告が棄却され、片上側の敗訴が確定した[8][15]
  • 2004年、「自民、公明を中心に政治が右傾化していく流れに一石を投じたい。」と第20回参議院議員通常選挙に兵庫県選挙区から無所属で出馬するが[8]、44345票を集めたのみで定数2議席に出馬した6人中最下位に終わった。(兵庫県選挙区 選挙結果 第20回参議院議員通常選挙 参照)
  • 2010年4月頃、死去[16][17]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c 参院選2004 選挙区立候補者 兵庫”. 読売新聞. 2004年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月30日閲覧。
  2. ^ “窓 論説委員室から”. 朝日新聞夕刊: p. 1. (1997年12月26日) 
  3. ^ “天声人語”. 朝日新聞: p. 1. (1996年5月17日) 
  4. ^ “公明・片上議員ハレンチ事件”. しんぶん赤旗: p. 3. (1995年11月23日) 
  5. ^ “短信◇片上公人参院議員へ抗議” (PDF). 売買春問題ととりくむ会ニュース. (1998年2月13日). http://woman-action-network.s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com/uploads/_7098302795bf164f516099c971ec057019a92a.pdf 
  6. ^ “セクハラ波紋 女性議員、抗議の退席”. 毎日新聞: p. 2. (1996年5月16日) 
  7. ^ “「セクハラ疑惑議員の質問ノー」女性議員11人退席”. 読売新聞: p. 35. (1996年5月16日) 
  8. ^ a b c 片上氏が出馬表明 参院選兵庫 - ウェイバックマシン(2007年11月1日アーカイブ分)
  9. ^ “秘書へのセクハラ認定 片上議員に賠償命令”. 朝日新聞: p. 22. (1997年12月25日) 
  10. ^ “私設秘書へのセクハラ訴訟片上議員に賠償命令”. 毎日新聞: p. 27. (1997年12月25日) 
  11. ^ “セクハラの片上議員 公明を離党の意向”. 読売新聞: p. 5. (1997年12月26日) 
  12. ^ “片上議員が公明に離党届”. 朝日新聞夕刊: p. 2. (1997年12月26日) 
  13. ^ “片上氏出馬断念へ”. 朝日新聞: p. 30. (1998年6月23日) 
  14. ^ “片上前議員の控訴棄却”. 毎日新聞: p. 26. (1998年8月26日) 
  15. ^ “セクハラ元議員敗訴確定”. 読売新聞: p. 30. (1999年2月10日) 
  16. ^ 片上公人さんのご逝去 - QOL促進友の会のブログ 2010年4月14日
  17. ^ “元参院議員の長男と長女が“不法滞在”タイで拘束”. テレ朝news. (2015年4月20日). オリジナルの2015年4月20日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/2015.04.20-235252/http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000048755.html 2015年4月20日閲覧。 


外部リンク[編集]