松野孝一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松野 孝一(まつの こういち、1905年 - 1967年7月29日)は、日本政治家参議院議員(3期)。衆議院議員(1期)。

経歴[編集]

大館市出身。1928年東京帝国大学法学部を卒業し台湾総督府へ入庁。総督府食糧部長・逓信部長を歴任の後、終戦で農林省へ転籍し開拓局第一部長・東京農地事務局長・仙台農地事務局長を務める。この間、1947年には請われて宮城県本吉郡入谷村(現南三陸町村長に就任した。

その後、公職追放弁護士となるも追放解除後の1952年の総選挙改進党公認で秋田1区から出馬、この時は当選を果たすも翌1953年の総選挙で落選。1958年の総選挙鈴木一参院議員が衆院へ鞍替え出馬するのに伴い、その補欠を決める選挙自由民主党公認で出馬し5年ぶりに国政に復帰。1959年1965年と再選を果たすが3期目途中の1967年に胃癌で死去。この間1961年から1年間参院法務委員長を務めると共に、第3次池田内閣では農林政務次官を歴任した。