川口大助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

川口 大助(かわぐち だいすけ、1918年3月5日 - 1981年2月26日)は、日本政治家衆議院議員(3期)。秋田市長(3期)。

経歴[編集]

秋田県出身。秋田中学(旧制)を卒業後、国鉄に入り、国労秋田地方本部委員長を務める。その後秋田県議になり、1959年の秋田市長選で日本社会党公認で立候補して初当選した。以来3期。1971年の秋田市長選では保守系候補の荻原麟次郎に敗れて落選した。1976年第34回衆議院議員総選挙秋田1区から日本社会党公認で立候補して当選。1979年秋田県知事選に立候補したが落選した。同年の第35回衆議院議員総選挙で再選。3期目途中の1981年に在職のまま死去した。

参考文献[編集]

  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。