石川錬治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石川 錬治郎(いしかわ れんじろう、1939年6月22日 - )は、日本政治家。前秋田県議会議員国民新党)。国民新党秋田県支部代表、日本未来の党秋田県連副代表を務めた。元秋田市長

略歴[編集]

秋田県南秋田郡五城目町生まれ。秋田県立秋田高等学校早稲田大学文学部を卒業。東京大学大学院農学系研究科修士課程修了。

千葉大学園芸学部助手などを経て、1990年秋田市長選挙に出馬し初当選(以後3期連続当選)。秋田市交通局および秋田市ガス局の民間への移管や秋田市消防本部における救急救命の整備、秋田県では初となる中高一貫校の開設、現在も継承されている各地域への市民サービスセンターの整備などに尽力。ユニークなものとして、月に1回、市民と直接電話で意見や提言などを聞く市長ホットラインを開設していた。3期目途中の2001年、女性への現金授受問題が取り沙汰される中、妻の介護を理由に辞任。

2005年8月、国民新党に参加。2007年4月、秋田県議会議員選挙に出馬し初当選。2011年4月、秋田県議会選挙に出馬し2期目を目指すも落選。なお2011年に落選するまで石川は唯一の国民新党所属の都道府県議会議員であった。

2012年11月、国民新党秋田県支部を解消し日本未来の党に合流した。

2013年5月、日本未来の党秋田県連の解散に伴い、同党を離党。

選挙歴[編集]

関連項目[編集]

関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ザ・選挙 2011年秋田県議会選挙 2011年7月23日閲覧。

外部リンク[編集]