野口能毅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
野口能毅
のぐち のうき
Noguchi Noki.jpg
生年月日 1860年10月1日
出生地 日本の旗 日本 肥前国小城郡小城町
(現佐賀県小城市)
没年月日 (1940-05-22) 1940年5月22日(79歳没)
前職 三重県警察署長
親族 兄・波多野敬直(宮内大臣)

在任期間 1912年7月5日 - 1931年2月2日

在任期間 1905年4月4日 - 1906年7月5日
テンプレートを表示

野口 能毅(のぐち のうき、万延元年8月17日1860年10月1日) - 昭和15年(1940年5月22日[1])は、内務官僚秋田市長佐賀市長。

経歴[編集]

肥前国小城郡小城町(現在の佐賀県小城市)に小城藩剣道師範波多野信倚の子として生まれ、家老野口雲斎の養子となった。1880年明治13年)に任官して、佐賀県警部、同警察署長、三重県警察署長などを務めた。さらに1899年(明治32年)から小城郡長、大分県警察部長、佐賀県警察部長、秋田県警察部長を歴任した。

1905年(明治38年)、秋田市長に就任し、翌年まで務めた。その後、1912年(明治45年)に佐賀市長に選出され、5期在任した。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞社『昭和十六年 朝日年鑑』p.990、1940年

参考文献[編集]

  • 『御大典記念 昭和之日本』東京毎夕新聞社、1929年。