早稲田大学文学学術院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
早稲田大学 > 早稲田大学文学学術院

早稲田大学文学学術院(わせだだいがくぶんがくがくじゅついん、英語:Faculty of Letters, Arts and Sciences)とは、人文科学学部大学院を運営・管理する早稲田大学の教員組織。 早稲田大学が、それ以前は独立した機関として位置付けられていた学部・研究科・研究所を、系統ごとに学術院として一体化することを目的に、2004年9月に新しい教員組織として「学術院」を設置したのに伴い、発足した。当初、第一文学部第二文学部、大学院文学研究科を運営・管理していたが、2007年度の学部改組により、現在は文化構想学部文学部、大学院文学研究科を運営・管理している。

組織[編集]

  • 文化構想学部
    • 文化構想学科
      • 多元文化論系
      • 複合文化論系
      • 表象・メディア論系
      • 文芸・ジャーナリズム論系
      • 現代人間論系
      • 社会構築論系
  • 文学部
    • 文学科
      • 哲学コース
      • 東洋哲学コース
      • 心理学コース
      • 社会学コース
      • 教育学コース
      • 日本語日本文学コース
      • 中国語中国文学コース
      • 英文学コース
      • フランス語フランス文学コース
      • ドイツ語ドイツ文学コース
      • ロシア語ロシア文学コース
      • 演劇映像コース
      • 美術史コース
      • 日本史コース
      • アジア史コース
      • 西洋史コース
      • 考古学コース
      • 中東・イスラーム研究コース
  • 大学院文学研究科
    • 人文科学専攻
      • 哲学コース
      • 東洋哲学コース
      • 心理学コース
      • 社会学コース
      • 教育学コース
      • 日本語日本文学コース
      • 英文学コース
      • フランス語フランス文学コース
      • ドイツ語ドイツ文学コース
      • ロシア語ロシア文化コース
      • 中国語中国文学コース
      • 演劇映像学コース
      • 美術史学コース
      • 日本史学コース
      • 東洋史学コース
      • 西洋史学コース
      • 考古学コース
      • 文化人類学コース
      • 表象・メディア論コース
      • 現代文芸コース(修士課程のみ)
      • アジア地域文化学コース(博士課程のみ)

沿革[編集]

  • 1882年 - (東京専門学校創立)
  • 1890年 - 坪内逍遙らにより文学科創設
  • 1891年 - 『早稲田文学』創刊
  • 1902年 - (東京専門学校が早稲田大学と改称)大学部文学科となる
  • 1904年 - (早稲田大学が専門学校令による大学となる)
  • 1920年 - (早稲田大学が新大学令による大学となる)文学部となる
  • 1949年 - (学制改革による新制早稲田大学が設置される)夜間学部として第二文学部を創設し、第一文学部・第二文学部の2学部となる
  • 1951年 - 大学院文学研究科(修士課程)創設
  • 1953年 - 大学院文学研究科(博士課程)創設
  • 1962年 - 戸山キャンパス完成
  • 1973年 - 第一文学部指定校推薦入学開始
  • 1992年 - 戸山図書館開館
  • 1996年 - 第二文学部社会人入試開始
  • 2004年 - 学術院制度の導入により、文学学術院設置
  • 2007年 - 第一文学部、第二文学部を再編し、文化構想学部、文学部を設置。大学院文学研究科を人文科学専攻の一専攻に改編
  • 2012年 - 総合人文科学研究センター設置

関連項目[編集]

外部リンク[編集]