大隈重信像

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大隈重信像の正面
背面

大隈重信像(おおくましげのぶぞう)は、東京都新宿区早稲田大学早稲田キャンパス内にある、大隈重信を顕彰して作られた彫像である。

早稲田大学早稲田キャンパスには2体の大隈像があり、有名なガウン姿で壮年期の立像は1932年10月17日、早稲田大学創設50周年と大隈重信没後10回忌を兼ねて作られた。右足を失った後の姿のものであるため、杖をついているのが特徴である。製作者である彫刻家朝倉文夫は大隈像を3回制作しているが、この立像は2回目のもの。高さは298cmあり、受験期には受験生により賽銭が投げ込まれることも少なくない。

もう1体は1907年に朝倉文夫がはじめて制作した大隈像であり、大隈講堂内の回廊に設置されている。こちらは政治家としての大礼服姿のものであり元々はキャンパス内に置かれていたが、宮廷服である大礼服の像を校舎内に設置したのでは、大学の精神である「学問の独立」に反するとの考え方から、現在の位置に移設された。 その他に東京都千代田区国会議事堂参議院玄関ホール、佐賀県佐賀市にある大隈記念館にも大隈重信像が建立されている。(大隈重信を参照のこと)