牟田口元学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

牟田口 元学(むたぐち げんがく、1845年2月2日弘化元年12月26日) - 1920年大正9年)1月13日)は明治時代の鉄道経営者・事業家。号は鷹村。

経歴[編集]

佐賀藩牟田口利左衛門の長男として生まれる。成長の後戊辰戦争で官軍に従事し功績を認められ官吏になる。明治維新後工部省文部省農商務省などに出仕するが、大隈重信明治十四年の政変に伴って下野を強いられ、立憲改進党の掌事となる。

その後、東京馬車鉄道の社長を歴任。同社は1900年(明治33年)に東京電車鉄道と改称され、1906年(明治39年)には東京電気鉄道東京市街鉄道と合併して東京鉄道となる。1911年(明治44年)に市営化(東京市電)されるまで経営に敏腕を振るう。このほか播但鉄道小倉鉄道などの私鉄だけではなく、大正瓦斯日清生命の経営にも参画した。1916年(大正5年)10月5日には貴族院議員に勅撰された[1]

そのほか[編集]

河野敏鎌の友人であり、敏鎌が恩人の江藤新平を裁いた経緯や、そのときの心情について吐露されている。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第1256号、大正5年10月6日。(国立国会図書館デジタルコレクション)

資料[編集]

  • 朝日日本歴史人物事典