衣冠束帯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

衣冠束帯(いかんそくたい)とは、衣冠束帯をつなげていうことばで、江戸時代以降、両者を公家正装としてまとめて、あるいは混同して言ったもの[1]鈴木敬三はまた、平安時代末期以降、宮中での束帯の着用機会が減少し、衣冠直衣の着用が拡大した結果、これらを束帯の代わりに参内に用いることを「衣冠束帯」(いかんのそくたい)や「直衣束帯」というようになったとしている[2]。ただし、鈴木敬三が根拠とする『明月記』等の公家の日記にみられる「衣冠束帯」、「直衣束帯」などの表記は、丁寧に解釈すると「衣冠や束帯を着た者がいる」あるいは「直衣や束帯を着た者がいる」の意味である場合もあるため、上記の説については厳密な検証が必要と思われる[誰?]

脚注[編集]

  1. ^ 「いかんそくたい」『日本国語大辞典
  2. ^ 鈴木敬三「衣冠束帯」(『国史大辞典 1』(吉川弘文館、1979年) ISBN 978-4-642-00501-2