ワセダミステリクラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ワセダミステリクラブは、早稲田大学内に存在する文化系サークル活動の一つ[1]。公式な略称は「W・M・C」だが、外部からは「ワセミス」と呼ばれることも多い。

ミステリのみならずSF、ホラー、ファンタジー、幻想小説、純文学、ライトノベルなど、対象は多岐にわたる総合文芸サークルである[2](早稲田には「SF研究会」が定着しなかったことにもよる)。

概略[編集]

1957年仁賀克雄により創立。江戸川乱歩を顧問、文学部教授鈴木幸夫(千代有三)を会長[3]として発足した[4]。草創期のメンバーには仁賀の他に、『ミステリ百科事典』の間羊太郎や、アニメ版『巨人の星』『ムーミン』等の脚本を担当した山崎忠昭などがいる。1958年に会員の大藪春彦が作家デビューするが、これはを千代有三が彼の作品『野獣死すべし』を江戸川乱歩に紹介し、乱歩が『宝石』への掲載を推薦したことによる。

1966年に、当時立教大学在学中の戸川安宣によって立教ミステリ・クラブが設立されるが、これは戸川とワセダミステリクラブ員の交流がきっかけであった[5]

1975年に、他の5大学のミステリ研究会[6]とともに全日本大学ミステリー連合を結成[4]

1980年代後半から1990年代前半にかけて、ワセダミステリクラブ出身者の折原一北村薫山口雅也霞流一らがあいついでデビューし、同時期デビューの京都大学推理小説研究会出身作家、同志社大学推理小説研究会出身作家、立教ミステリ・クラブ出身作家らとともに、本格ミステリ第三の波を展開させたといわれる[7]

この他、作家、翻訳家、評論家、編集者らが出身者に多数いる。

また、OBは「ワセダミステリクラブOB会」として、他大学出身者を含めて[8]、親睦活動を行ってきた。

主な行事[編集]

主な公式行事として以下のものがある。[2]

  • 読書会
  • 創作読書会
  • 講演会 - 学園祭「早稲田祭」にて、作家・評論家の先生をゲストに招き主催する。
  • 合宿 - 夏と冬の年2回行なわれる。

主な刊行物[編集]

主な公式刊行物として以下のものがある。[2]

  • PHOENIX - 機関誌。文学フリマで頒布され通信販売も行なわれている。
  • Panorama - 2012年度より発行されている新歓誌。

過去の刊行物

  • アステロイド - SF誌。大学内SFファンジン(同人誌)の嚆矢といわれる。[9][10]
  • Hypo - 創作誌。
  • みすてる - 創作やレビュー企画が掲載されている。

主な出身者[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や-わ行[編集]

脚注[編集]

  1. ^ クラブ名表記は「ワセダ・ミステリ・クラブ」というように、三つに区切る場合も見られるが、ここでは公式ホームページの記述に準拠した。なお、大学の公式の書類上は「ワセダミステリ・クラブ」となっている[1]
  2. ^ a b c 公式サイト
  3. ^ なおその後の第二代会長は井内雄四郎、第三代会長は三川基好
  4. ^ a b 『日本ミステリー事典』(権田萬治 新保博久 監修、新潮社、2000年)p176
  5. ^ 「あらずもがなのあとがき」戸川安宣 - 『ニッポン硬貨の謎』(北村薫、創元社〔創元推理文庫〕、2009年)p314
  6. ^ 慶應義塾大学推理小説同好会、青山学院大学推理小説研究会、立教ミステリ・クラブ、法政大学推理小説研究会、独協・ミステリ・クラブ
  7. ^ 『本格ミステリ・クロニクル300』(探偵小説研究会・編著、原書房、2002年)p8
  8. ^ 明治大学出身の石上三登志は、「ヒッチコック・マガジン」のファンの集まりで知合った仁賀克雄の誘いで、OB会に参加したという。(『はじめて話すけど… 小森収インタビュー集』(フリースタイル)より)。専修大学出身の日下三蔵もワセダミステリクラブOB会会員。出典:早稲田祭2007 企画紹介 道尾秀介講演会
  9. ^ [2]
  10. ^ [3]
  11. ^ http://blog.livedoor.jp/c_nagatsu/archives/52200019.html
  12. ^ http://blog.livedoor.jp/c_nagatsu/archives/52200019.html

関連項目[編集]

  • 早大童話会 - 同じ早大内に存在した、著述家を多数輩出した文筆サークル。現在は早稲田文芸会。

外部リンク[編集]