早稲田大学文化構想学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
早稲田大学>早稲田大学文学学術院 > 早稲田大学文化構想学部

早稲田大学文化構想学部(わせだだいがくぶんかこうそうがくぶ、英語:School of Culture, Media and Society)とは、2007年4月1日に設置された早稲田大学人文学系の学部の一つである。

概要[編集]

早稲田大学戸山キャンパスに所在し、早稲田大学文学学術院の管理・運営下にある。

2007年4月に第一文学部第二文学部を併せて再編し、文化構想学部と文学部が設置された。文学部が、伝統的な人文学・文化学の継承と発展を目指しているのに対して、文化構想学部は、人文学・文化学の学際的・学横断的な研究・教育実践を目指している。このため、文学部には従来の学問分野に従ったコースが設置されているのに対し、文化構想学部は人文学・文化学のさまざまな分野をクロスオーバーさせた、6つの「論系」より成り立っている。[1]

なお、第一文学部および第二文学部を併せて改組する形で新たに文化構想学部および文学部の両学部を設置したのであり、どちらかがどちらかの後身というわけではなく、文学学術院の下に学内でも同等の立場を有する学部である。卒業時に授与される学位は、文化構想学部・文学部ともに「学士(文学)」(B.A. in Literature)である。

「文化の様相と構造を解明し、表象の分析と文芸の創造に取り組み、人間と社会の本質に迫ることによって、新しい時代にふさわしい文化を構想する」ことと「これまでの学問領域を大胆に乗り越えて、広領域的・学融合的アプローチを実践する」ことを理念として掲げている。[1]

論系[編集]

2013年度現在、以下の6つの論系が設置されている。

関係者[編集]

主な出身者[編集]

主な専任教員[編集]

2013年度現在

多元文化論系

複合文化論系

表象・メディア論系

文芸・ジャーナリズム論系

現代人間論系

社会構築論系

過去の主な専任教員

  • 東浩紀(文芸・ジャーナリズム論系、2010年4月-2013年3月) - 批評家、思想家、作家
  • 井桁貞義(複合文化論系、-2013年3月) - ロシア文学者、異文化コミュニケーション論研究者
  • 宮沢章夫(表象・メディア論系、-2013年3月) - 劇作家、演出家、作家

脚注[編集]

  1. ^ a b [1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]