早稲田大学文化構想学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
早稲田大学 > 早稲田大学文学学術院 > 早稲田大学文化構想学部

早稲田大学文化構想学部(わせだだいがくぶんかこうそうがくぶ、英語:School of Culture, Media and Society)とは、2007年4月1日に設置された早稲田大学人文学系の学部の一つである。学部再編により第一文学部および第二文学部の後継として文学部とともに設置された。

概要[編集]

早稲田大学戸山キャンパスに所在し、早稲田大学文学学術院の管理・運営下にある。

2007年4月に第一文学部第二文学部を混合再編し、文化構想学部と文学部が設置された。文学部が、伝統的な人文学・文化学の継承と発展を目指しているのに対して、文化構想学部は、人文学・文化学の学際的・学横断的な研究・教育実践を目指している。このため、文学部には従来の学問分野に従ったコースが設置されているのに対し、文化構想学部は人文学・文化学のさまざまな分野をクロスオーバーさせた「論系」より成り立っている。また昼夜に科目を設置し、夜間特別枠も設けることによって、従来、第二文学部が担ってきた社会的使命も果たしていっている。[1][2]

外国語科目と講義科目が文学部と共通化されており「ブリッジ科目」と称されている[3]。いずれの論系も卒業時に「学士(文学)」(Bachelor of Arts in Literature)の学位が授与される[4]

「文化の様相と構造を解明し、表象の分析と文芸の創造に取り組み、人間と社会の本質に迫ることによって、新しい時代にふさわしい文化を構想する」ことと「これまでの学問領域を大胆に乗り越えて、広領域的・学融合的アプローチを実践する」ことを理念として掲げている。[1]

沿革[編集]

旧制文学部
第一文学部・第二文学部
文化構想学部
  • 2007年4月 第一文学部、第二文学部を混合再編し、新たな文学部とともに文化構想学部が設置される。文化構想学科1学科を置き、その下に6つの論系[5]が設けられる(再編前の母体2学部も在校生のいる間並行して存続し、後年廃止)。また入学試験において夜間特別枠を設け昼夜開講学部とする。
  • 2010年 夜間特別枠廃止。
  • 2017年 英語学位プログラムとして、Global Studies in Japanese Cultures Program(JCulP:国際日本文化論プログラム)を開設。

論系[編集]

2018年度現在、文化構想学科に以下の6つの論系が設置されている。

  • 多元文化論系 - 世界各地の地域文化や、思想・宗教・文学・歴史・民俗・美術・音楽について、各文化間の影響を常に視野に入れつつ研究する。[6]
    • Global Studies in Japanese Cultures Program(JCulP:国際日本文化論プログラム) - 英語学位プログラム。多元文化論系内に設置されているが、特定のAO試験での入学者のみ所属。日本文化を学ぶことと発信することを目的に英語で学習・研究する。[7]
  • 複合文化論系 - 地域や時代、既成の学問ジャンルの枠を超え、各文化圏間相互の関係分析や比較研究を行ない、人間文化の複合的な構造を根本的に解き明かすことを目指す[8]。言語文化、文化人類学、異文化コミュニケーション論など、第一文学部の人文専修の流れをくむ[9]
  • 表象・メディア論系 - 古典芸能から現代、そして未来の表象文化まで、人間が生み出してきた多種多様な芸術文化活動や思想を、メディア・身体・イメージの三つのキーワードをもとに分析する[10]
  • 文芸・ジャーナリズム論系 - 広義の文芸諸ジャンルに関わる実践者の育成を目指す。文芸学の他、現役の作家による創作指導や、編集・企画作業を学ぶ授業など、実践的な教育も提供する[11]平岡篤頼が創設した第一文学部の文芸専修の後継[12]
  • 現代人間論系 - 人間に対する多面的なアプローチを通じて、現代人と現代社会の諸問題に新しい視点で向き合う[13]
  • 社会構築論系 - 現代社会の構造について歴史的・文化的視点から分析して根源的に捉えなおし、社会の矛盾や問題点を克服する新たな社会構築の方法とそれを担う主体のあり方を構想する[14]

※2年次以降に専門課程である各論系に進級する[3]

関係者[編集]

主な出身者[編集]

主な専任教員[編集]

2018年度現在

多元文化論系

複合文化論系

表象・メディア論系

文芸・ジャーナリズム論系

現代人間論系

社会構築論系

過去の主な専任教員

  • 東浩紀(文芸・ジャーナリズム論系) - 批評家、思想家、作家
  • 井桁貞義(複合文化論系) - ロシア文学者、異文化コミュニケーション論研究者
  • 紙屋敦之(多元文化論系) - 日本史学者
  • 北村薫(文芸・ジャーナリズム論系) - 小説家、エッセイスト、アンソロジー編纂家
  • 草原真知子(表象・メディア論系) - メディアアート研究者
  • 佐々木敦(表彰・メディア論系) - 評論家
  • 田島照久(現代人間論系) - 宗教学者
  • 永江朗(文芸・ジャーナリズム論系) - ライター
  • 蜂飼耳(文芸・ジャーナリズム論系) - 詩人、エッセイスト、小説家
  • 東直子(文芸・ジャーナリズム論系) - 小説家、脚本家
  • 増山均(現代人間論系) - 社会福祉学者
  • 盛田隆二(文芸・ジャーナリズム論系) - 小説家、編集者
  • 渡部直己(文芸・ジャーナリズム論系) - 文芸批評家

脚注[編集]

  1. ^ a b [1]
  2. ^ 早稲田ウィークリー 一文・二文再編! ~文化構想学部と文学部へ~ 2005年12月13日
  3. ^ a b 早稲田大学文化構想学部カリキュラム
  4. ^ 早稲田大学学位規則 2019年2月12日閲覧
  5. ^ 多元文化、複合文化、表象・メディア、文芸・ジャーナリズム、現代人間、社会構築
  6. ^ [2] 2019年2月11日閲覧
  7. ^ [3][4] 2019年2月11日閲覧
  8. ^ [5] 2019年2月11日閲覧
  9. ^ [6] 2019年2月11日閲覧
  10. ^ [7] 2019年2月11日閲覧
  11. ^ [8] 2019年2月11日閲覧
  12. ^ [9] 2019年2月11日閲覧
  13. ^ [10] 2019年2月11日閲覧
  14. ^ [11] 2019年2月11日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]