田島照久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

田島 照久(たじま てるひさ、1947年5月 - )は、日本宗教学者。専門は、宗教哲学、宗教学、宗教民俗学早稲田大学文化構想学部教授。

経歴[編集]

東京都出身。都立田園調布高校を経て、1971年3月、早稲田大学第一文学部総合人文学科哲学専修卒業。1978年、ドイツ・フライブルク大学大学院哲学研究科修士課程修了、哲学修士。1995年3月、早稲田大学より博士(文学)を授与される。博士論文は「マイスター・エックハルト研究 - 思惟構造のトリアーデ esse・creatio・generatio論」(乙第1117号)。

1980年、明星大学専任講師。1985年、同助教授。1986年4月、早稲田大学商学部専任講師。1988年4月、同助教授。1993年、同教授に就任。1997年4月より、早稲田大学第一・第二文学部教授。2004年9月21日から2008年9月20日まで、早稲田大学文学学術院長、文学部・文化構想学部学部長を務めた。現在は、早稲田大学文化構想学部教授。

著書[編集]

  • 「マイスター・エックハルト研究 - 思惟のトリアーデ構造 esse・creatio・generatio論」(創文社、1996年2月発行)
  • 「ドイツ語動詞活用辞典」(現代出版、1983年5月発行)

訳書[編集]

  • 「エックハルト説教集」(岩波書店、1990年6月発行)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]