蜂飼耳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

蜂飼 耳(はちかい みみ、女性、1974年6月3日 - )は、日本の詩人エッセイスト小説家早稲田大学文化構想学部教授。神奈川県座間市在住。

略歴[編集]

作品リスト[編集]

詩集[編集]

  • 『いまにもうるおっていく陣地』(1999年、紫陽社
  • 『食うものは食われる夜』(2005年、思潮社
  • 『隠す葉』(2007年、思潮社)
  • 現代詩文庫 蜂飼耳詩集』(2013年、思潮社)
  • 『顔をあらう水』(2015年、思潮社)

エッセイ[編集]

絵本[編集]

翻訳絵本[編集]

小説[編集]

単行本[編集]

  • 『紅水晶』(2007年、講談社)
    • 崖のにおい(『群像』2006年5月号)
    • こぼれ落ちる猿の声(『文學界』2006年12月号)
    • くらげの庭(『群像』2007年1月号)
    • 紅水晶(『群像』2007年6月号)
    • 六角形(『新潮』2007年10月号)
  • 『転身』(2008年、集英社)

単行本未収録作品[編集]

作品が収録されたアンソロジー[編集]

  • 極上掌篇小説 (2006年、角川書店
    • 「繭の遊戯」を収録
  • 作家の手紙 (2007年、角川書店)
    • 「人間でないことがばれて出て行く女の置き手紙」を収録
  • 教えたくなる名短篇 (2014年、筑摩書房)
    • 「人間でないことがばれて出て行く女の置き手紙」を収録

出演番組[編集]

  • 視点・論点「子どもの詩を読む」(NHK教育、2006年12月21日
  • 視点・論点「空を引き寄せる石」(NHK教育、2007年4月4日
  • 視点・論点「『楢山節考』のこと」(NHK教育、2007年9月19日
  • 視点・論点「初午に思う」(NHK教育、2008年2月22日
  • 視点・論点「師走をめぐる言葉」(NHK教育、2008年12月5日
  • 視点・論点「夏の読書」(NHK教育、2009年8月25日
  • 視点・論点「詩の町・花蓮」(NHK教育、2010年7月14日