小説 野性時代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小説野性時代から転送)
移動先: 案内検索
小説 野性時代
(しょうせつやせいじだい)
''Shosetsu Yasei Jidai''
刊行頻度 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 株式会社KADOKAWA
刊行期間 2003年11月 -
ウェブサイト http://www.kadokawa.co.jp/yasei/

小説 野性時代』(しょうせつやせいじだい、Shosetsu Yasei Jidai)は、KADOKAWAが発行、角川書店が編集するエンターテインメント小説誌

概要[編集]

旧誌名は『野性時代』で、1974年から1996年4月号まで20余年にわたって刊行された旧『野性時代』(B5判)と、2003年11月12日に新創刊された新『野性時代』(A5判)とがある[1]2011年1月号より現在の『小説 野性時代』に誌名を変えた。なお、『野性時代』が刊行されていなかった期間には、角川書店の月刊の文芸誌としては『KADOKAWAミステリ』(1999年11月号 - 2003年5月号)が刊行されていた。2013年10月までは、KADOKAWAの角川書店ブランドカンパニーが発行していた。

近年は桜庭一樹有川浩乙一米澤穂信冲方丁ライトノベル作家の起用が多く、桜庭一樹『少女七竈と七人の可愛そうな大人』や冲方丁『天地明察』など一般文芸での活躍の足がかりとなった作品を発表している。関連する新人文学賞に、カドカワエンタテインメントNext賞(2002年 - 2003年)、野性時代青春文学大賞(2005年 - 2008年)、野性時代フロンティア文学賞(2009年 - )がある。

略年表[編集]

旧『野性時代』[編集]

創刊当時はB5判という大きな判型が話題を呼んだ。1970年代後半から1980年代にかけて角川映画と連携したメディアミックス路線を取り、『人間の証明』『野性の証明』『悪霊島』『病院坂の首縊りの家』『晴れ、ときどき殺人』『早春物語』『キャバレー』『メイン・テーマ』『幻魔大戦』などの作品を送り出した。『コンプティーク』でリプレイが連載されていた『ロードス島戦記』(水野良)の小説版も連載されたことがある。

新創刊『野性時代』[編集]

特集内容[編集]

作家を特集した号を示す、2005年まではテーマ別の特集が多かった。2011年の誌名変更後は再びテーマ別の特集となった。

2006年
2007年
2008年
2009年
2010年

連載作品[編集]

現在連載中の作品[編集]

過去の主な連載作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 小説 野性時代 | カドカワ アド メディアガイド

外部リンク[編集]