下村敦史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
下村 敦史
(しもむら あつし)
誕生 (1981-07-09) 1981年7月9日(36歳)[1]
日本の旗 日本京都府
職業 小説家推理作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2014年 -
ジャンル 推理小説
主な受賞歴 江戸川乱歩賞(2014年)
デビュー作 闇に香る嘘』(2014年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

下村 敦史(しもむら あつし、1981年7月9日[1] - )は、日本小説家推理作家京都府生まれ[2]

略歴[編集]

1999年京都府立向陽高等学校II類理数系を自主退学し[1]、同年大学入学資格検定合格。

2006年より9年連続で江戸川乱歩賞に挑戦。2014年、5度目の最終候補となった『闇に香る嘘』(応募時のタイトルは『無縁の常闇に嘘は香る』)で第60回江戸川乱歩賞を受賞し小説家デビュー[2]。選考委員の有栖川有栖は「相対評価ではなく、絶対評価でA」、今野敏は「自信をもって世に出せるものを送り出せた。ぜひ期待してほしい」と語った[3]

文学賞受賞・候補歴[編集]

太字が受賞したもの

  • 2007年 - 「過去からの殺人」で第10回角川学園小説大賞(ヤングミステリー&ホラー部門)候補。
  • 2007年 - 「暗き情熱のアレーナ」で第53回江戸川乱歩賞候補[4]
  • 2008年 - 「贖罪に鳴る鐘――サグラダ・ファミリア」で第54回江戸川乱歩賞候補[5]
  • 2011年 - 「牙を剥く大地」で第57回江戸川乱歩賞候補[6]
  • 2012年 - 「希望の地は、遥か遠く」で第58回江戸川乱歩賞候補[7]
  • 2014年 - 『闇に香る嘘』で第60回江戸川乱歩賞受賞[8]
  • 2015年 - 「死は朝、羽ばたく」で第68回日本推理作家協会賞(短編部門)候補。

作品リスト[編集]

単行本[編集]

  • 闇に香る嘘(2014年8月 講談社 / 2016年8月 講談社文庫
  • 叛徒(2015年1月 講談社)
  • 生還者(2015年7月 講談社 / 2017年7月 講談社文庫)
  • 真実の檻(2016年3月 KADOKAWA)
  • 難民捜査官(2016年5月 光文社
  • 失踪者(2016年9月 講談社)
  • 告白の余白 (2016年11月 幻冬舎)
  • 緑の窓口 ~樹木トラブル解決します~(2017年8月 講談社)

雑誌掲載短編[編集]

アンソロジー[編集]

「」内が下村敦史の作品

  • ザ・ベストミステリーズ 2015 推理小説年鑑(2015年5月 講談社)「死は朝、羽ばたく」
  • ベスト本格ミステリ2015(2015年6月 講談社ノベルス)「死は朝、羽ばたく」

脚注[編集]

関連項目[編集]