小峰元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小峰 元
(こみね はじめ)
誕生 廣岡 澄夫(ひろおか すみお)
1921年3月24日
兵庫県神戸市
死没 (1994-05-22) 1994年5月22日(73歳没)
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1948年 - 1987年
ジャンル 推理小説
代表作 『アルキメデスは手を汚さない』
主な受賞歴 江戸川乱歩賞(1973年)
デビュー作 『仮面の花嫁』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

小峰 元(こみね はじめ、1921年3月24日 - 1994年5月22日)は、日本の小説家

来歴・人物[編集]

1921年兵庫県神戸市に生まれる。本名は廣岡 澄夫姫路商業学校大阪外国語学校(現・大阪大学外国語学部)スペイン語科卒業後、貿易商、教員等を経て昭和18年、毎日新聞社に入社。毎日新聞社では大阪本社編集局整理部デスク、高松支局、金沢支局などを経て、大阪本社編集委員となる。新聞社時代の後輩としては作家の長井彬がいる。太平洋戦争終結(終戦)のすぐあとから短編小説を執筆する。1948年、雑誌「百面相」にて「仮面の花嫁」を発表、またこの年「百万塔の秘密」を刊行した。その後も少年向け小説を執筆する。毎日新聞社在職中、1973年に『アルキメデスは手を汚さない』で第19回江戸川乱歩賞を受賞する。この作品は後に多数発表される青春推理小説のスタートとなった。1994年にリンパ腫で死去した。享年73。

作風[編集]

兼業時代は短編がほとんどであったが、乱歩賞受賞以降、専業作家となってからは一貫して長編を書くようになった。軽快な筆致で高校生を中心とした若い世代を描き、青春推理小説の筆頭となる。著書の中で青春小説の枠組みから外れるのは、政治と新聞社の内幕を描いたミステリー、『ソロンの鬼っ子たち』のみである。

『パスカルの鼻は長かった』では主人公の高校生を作者と同名にしたり、『ユークリッドの殺人学原論』では歴代乱歩賞受賞作のタイトルを各章題にしたり、『クレオパトラの黒い溜息』は日本初の横書き小説として刊行されるなど、実験的構成を試みている作品も多い。

影響を受けた作家も多く、東野圭吾岡嶋二人等、推理作家もエッセイや自伝で小峰の作品について触れている。

小峰の死後10年以上が経過し、全ての作品が絶版となっていたが、『アルキメデスは手を汚さない』が2006年復刊された。

著作[編集]

  • 『アルキメデスは手を汚さない』講談社、1973年。 - 翌年に『女子高校生殺人事件』としてテレビドラマ化された。
    • 『アルキメデスは手を汚さない』講談社〈講談社文庫〉、1974年。
    • 『アルキメデスは手を汚さない』講談社、1975年。 - 新装版。
    • 小峰元、小林久三『アルキメデスは手を汚さない|暗黒告知』日本推理作家協会 編 9、講談社〈講談社文庫 江戸川乱歩賞全集〉、2000年9月。ISBN 4-06-264962-4
    • 『アルキメデスは手を汚さない』講談社〈講談社文庫〉、2006年9月。ISBN 4-06-275503-3 - 小峰 (1974a)の復刊。
  • 『ピタゴラス豆畑に死す』講談社、1974年。
    • 『ピタゴラス豆畑に死す』講談社〈講談社文庫〉、1975年。
    • 『ピタゴラス豆畑に死す』講談社、1975年。 - 新装版。
  • 『ソクラテス最期の弁明』講談社、1975年。
    • 『ソクラテス最期の弁明』講談社〈講談社文庫〉、1976年。
  • 『パスカルの鼻は長かった』講談社、1975年。 - 「学研 高3コース」連載。
    • 『パスカルの鼻は長かった』講談社〈講談社文庫〉、1977年5月。
  • 『ディオゲネスは午前三時に笑う』講談社、1976年。
    • 『ディオゲネスは午前三時に笑う』講談社〈講談社文庫〉、1977年10月。
  • 『親不孝のすすめ 青春の独立宣言』PHP研究所〈PHP books〉、1977年3月。
    • 『親不孝のすすめ 青春の独立宣言』講談社〈講談社文庫〉、1979年7月。
  • 『プラトンは赤いガウンがお好き』講談社、1977年1月。
    • 『プラトンは赤いガウンがお好き』講談社〈講談社文庫〉、1978年8月。
  • 『ヒポクラテスの初恋処方箋』講談社、1978年11月。
    • 『ヒポクラテスの初恋処方箋』講談社〈講談社文庫〉、1980年8月。
  • 『イソップの首に鈴をつけろ』講談社〈講談社文庫〉、1979年9月。
  • 『パンドラの恋愛能力共通一次テスト』講談社、1979年5月。
    • 『パンドラの恋愛能力共通一次テスト』講談社〈講談社文庫〉、1981年11月。ISBN 4-06-136216-X
  • 『ヘシオドスが種蒔きゃ鴉がほじくる』講談社、1981年3月。
    • 『ヘシオドスが種蒔きゃ鴉がほじくる』講談社〈講談社文庫〉、1984年1月。ISBN 4-06-183152-6
  • 『青春抒情死抄 長編ユーモア・ミステリー』講談社〈講談社ノベルス〉、1983年5月。ISBN 4-06-181059-6
  • 『クレオパトラの黒い溜息』講談社、1984年10月。ISBN 4-06-201542-0 - 日本初の横書き小説。文庫化はされていない。
  • 『ソロンの鬼っ子たち』文藝春秋、1985年3月。
    • 『ソロンの鬼っ子たち』文藝春秋〈文春文庫〉、1988年6月。ISBN 4-16-747801-3
  • 『ユークリッドの殺人学原論(ストイケイア)』基礎篇 名門高推理研の探偵たち、講談社〈講談社ノベルス 乱歩賞special〉、1985年3月。ISBN 4-06-181174-6
  • 『ユークリッドの殺人学原論(ストイケイア)』応用篇 女子高名探偵の大活躍、講談社〈講談社ノベルス 乱歩賞special〉、1985年3月。ISBN 4-06-181175-4
  • 『ホメロスの殺人方程式』講談社、1987年3月。ISBN 4-06-203259-7
  • 「旅は道づれ世は騙しあい」『学園ミステリー傑作選』河出書房新社〈河出文庫〉、1988年1月。ISBN 4-309-40209-7
  • 「初恋同窓会」『コロンブスの贈り物』アフィニスクラブ 編、ダイヤモンド社、1991年2月。ISBN 4-478-93010-4