鏑木蓮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鏑木 蓮
(かぶらぎ れん)
誕生 (1961-12-22) 1961年12月22日(57歳)
日本の旗 日本京都府京都市
職業 小説家推理作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士(文学)
最終学歴 佛教大学文学部国文科卒業
活動期間 2006年 -
ジャンル 推理小説
主な受賞歴 立教・池袋ふくろう文芸賞(2004年)
江戸川乱歩賞(2006年)
デビュー作東京ダモイ』(2006年)
テンプレートを表示

鏑木 蓮(かぶらぎ れん、1961年12月22日[1] - )は、日本の小説家推理作家京都府京都市出身で在住(2007年現在)。ペンネームの由来は作曲家鏑木創俳優石橋蓮司から。日本推理作家協会会員。

経歴[編集]

洛南高等学校卒業、佛教大学文学部国文科卒業。卒業論文は「江戸川乱歩論」だった。大学卒業後、塾講師、教材出版社、広告代理店勤務などを経て、1992年フリーコピーライターとして独立する。そのかたわら作家を目指し20年近く執筆活動を続ける。

2004年、短編ミステリー「黒い鶴」で第1回立教・池袋ふくろう文芸賞を受賞[2]。同賞は立教学院創立130周年を記念し「江戸川乱歩と大衆の20世紀展」企画の一環として創設された賞である。2006年二階堂黎人が編集を務める公募短編アンソロジー『新・本格推理06』に「マコトノ草ノ種マケリ」が掲載される。同年、シベリア抑留を描いた推理小説東京ダモイ」で第52回江戸川乱歩賞を受賞して本格的に小説家デビューする(同時受賞に早瀬乱「三年坂 火の夢」)[3]

文学賞受賞・候補歴[編集]

作品リスト[編集]

片岡真子シリーズ[編集]

  • エクステンド(2008年12月 講談社
  • 炎罪(2016年5月 講談社)

京都思い出探偵ファイルシリーズ[編集]

  • 思い出探偵(2009年3月 PHP研究所 / 2013年1月 PHP文芸文庫
  • 思い出をなくした男(2011年3月 PHP研究所)
    • 【改題】ねじれた過去 京都思い出探偵ファイル(2013年7月 PHP文芸文庫)
  • 沈黙の詩 京都思い出探偵ファイル(2018年1月 PHP文芸文庫)

イーハトーブ探偵シリーズ[編集]

  • イーハトーブ探偵 ながれたりげにながれたり 賢治の推理手帳 I(2014年5月 光文社文庫
    • 収録作品:ながれたりげにながれたり / マコトノ草ノ種マケリ / かれ草の雪とけたれば / 馬が一疋
  • イーハトーブ探偵 山ねこ裁判 賢治の推理手帳 II(2015年7月 光文社文庫)
    • 収録作品:哀しき火山弾 / 雪渡りのあした / 山ねこ裁判 / きもだめしの夜に / 赤い焰がどうどう

その他[編集]

  • 東京ダモイ(2006年8月 講談社 / 2009年8月 講談社文庫)- 第52回江戸川乱歩賞受賞
  • 屈折光(2008年7月 講談社 / 2011年9月 講談社文庫)
  • 救命拒否(2010年2月 講談社 / 2013年3月 講談社文庫)
  • 白砂(2010年7月 双葉社 / 2013年6月 双葉文庫
  • 見えない鎖(2010年12月 潮出版社 / 2016年4月 潮文庫)
  • 真友(2011年10月 講談社 / 2014年10月 講談社文庫)
  • しらない町(2011年11月 早川書房
  • 甘い罠 - 小説糖質制限食(2013年2月 東洋経済新報社
    • 【改題】甘い罠(2016年9月 講談社文庫)
  • 京都西陣シェアハウス 憎まれ天使・有村志穂(2013年10月 講談社 / 2017年1月 講談社文庫)
  • 殺意の産声(2014年10月 KADOKAWA
  • 黒い鶴(2016年11月 潮文庫)
    • 収録作品:黒い鶴 / ライカの証言 / 大切なひと / 雲へ歩む / 魚の時間 / 京都ねこカフェ推理日記 / あめっこ / 誓い / 水の泡〜死を受け入れるまで〜 / 花はこころ
  • 茶碗継ぎの恋 編集者 風見菜緒の推理(2017年3月 ハルキ文庫
  • 疑薬(2017年5月 講談社)
  • P・O・S キャメルマート京洛病院店の四季(2017年5月 ハヤカワ文庫JA)
  • 喪失(2017年11月 角川文庫)
  • 残心(2018年12月 徳間書店

アンソロジー[編集]

「」内が鏑木蓮の作品

  • 新・本格推理06 不完全殺人事件(2006年3月 光文社文庫)「マコトノ草ノ種マケリ」
  • 新・本格推理 特別編 不可能犯罪の饗宴(2009年3月 光文社文庫)「かれ草の雪とけたれば」
  • 不可能犯罪コレクション(2009年6月 原書房)「花はこころ」
  • 日本の作家60人 太鼓判!のお取り寄せ(2011年6月 講談社)「プンパニッケル」
  • デッド・オア・アライヴ(2013年12月 講談社 / 2014年9月 講談社文庫)「終章〜タイムオーバー〜」

映像化作品[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]