横関大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
横関 大よこぜき だい
誕生 (1975-02-18) 1975年2月18日(46歳)
日本の旗 日本静岡県富士宮市
職業 小説家推理作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士(文学)
最終学歴 武蔵大学人文学部日本文学科卒業
活動期間 2010年 -
ジャンル 推理小説
主な受賞歴 江戸川乱歩賞(2010年)
デビュー作再会』(2010年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

横関 大(よこぜき だい、1975年2月18日 -)は、日本小説家推理作家静岡県富士宮市生まれ[2]武蔵大学人文学部日本文学科卒業[1]

経歴[編集]

大学生のときに小説を書き始める[1]。当初は純文学を執筆していた[1]。大学卒業後、約5年間東京都内でアルバイトをしながら小説家を目指す[3]カルチャースクールの創作教室に1年間通っていたときに、ミステリー系の短編を執筆したら評判がよく純文学からミステリーに転向する[1]。20代後半で地元に戻り富士宮市職員として働く傍ら[3]、2002年から8年連続で江戸川乱歩賞に応募し[4]、2006年「ライダーズ・ハイ」で、2007年「聖クレーマーの憂鬱」で、2008年「ハーネス」で、最終候補作に残る。2010年『再会』(応募時のタイトルは「再会のタイムカプセル」)で第56回江戸川乱歩賞を受賞し作家デビュー。選考委員の内田康夫は「よく練られたプロットと平明な文章力に力を感じさせ、受賞にふさわしい作品ではあった」、恩田陸は「目新しい題材は何もないのに、面白く自然に読ませるところに感心した」、天童荒太は「事件の派手さではなく、語り口で引っ張ったことを、高く評価したい」、東野圭吾は「背伸びすることをやめ、『乱歩賞の傾向と対策』のようなものから解放されたのが勝因だと思う」と評した。

文学賞受賞・候補歴[編集]

太字が受賞したもの

  • 2006年 - 「ライダーズ・ハイ」で第52回江戸川乱歩賞候補[5]
  • 2007年 - 「聖クレーマーの憂鬱」で第53回江戸川乱歩賞候補[6]
  • 2008年 - 「ハーネス」で第54回江戸川乱歩賞候補[7]
  • 2010年 - 「再会のタイムカプセル」で第56回江戸川乱歩賞受賞[8]

作品リスト[編集]

単著[編集]

「K2 池袋署刑事課 神崎・黒木」シリーズ[編集]

  • K2 池袋署刑事課 神崎・黒木(2014年10月 講談社 / 2019年3月 講談社文庫
    • 収録作品:勲章 / 失態 / 幽霊 / 力走 / 遺言(文庫本のみ) / 祝儀 / 因縁 / 決別
  • 帰ってきたK2 池袋署刑事課 神崎・黒木(2020年9月 講談社)

「ルパンの娘」シリーズ[編集]

  • ルパンの娘(2015年8月 講談社 / 2017年8月 講談社文庫 / 2020年10月 講談社青い鳥文庫
  • ルパンの帰還(2019年7月 講談社文庫)
  • ホームズの娘(2019年9月 講談社文庫)
  • ルパンの星(2020年9月 講談社文庫)

その他の作品[編集]

  • 再会(2010年8月 講談社 / 2012年8月 講談社文庫)
  • グッバイ・ヒーロー(2011年5月 講談社 / 2013年9月 講談社文庫)
  • チェインギャングは忘れない(2011年11月 講談社 / 2014年9月 講談社文庫)
  • 偽りのシスター(2013年5月 幻冬舎 / 2016年10月 幻冬舎文庫
  • 沈黙のエール(2013年9月 講談社 / 2015年9月 講談社文庫)
  • スマイルメイカー(2015年5月 講談社 / 2018年3月 講談社文庫)
  • 炎上チャンピオン(2016年4月 講談社)
  • マシュマロ・ナイン(2016年7月 KADOKAWA / 2020年2月 角川文庫
  • ピエロがいる街(2017年5月 講談社)
  • 仮面の君に告ぐ(2017年12月 講談社)
  • いのちの人形(2019年1月 KADOKAWA)
  • 彼女たちの犯罪(2019年10月 幻冬舎)
  • アカツキのGメン(2019年12月 双葉文庫
  • 誘拐屋のエチケット(2020年3月 講談社)

アンソロジー[編集]

「」内が横関大の作品

  • デッド・オア・アライヴ(2013年12月 講談社 / 2014年9月 講談社文庫)「クイズ&ドリーム」
  • Wonderful Story(2014年10月 PHP研究所 / 2017年9月 PHP文芸文庫)「パピーウォーカー」

単著未収録作品[編集]

映像化作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 2013年12月号掲載 著者との60分 『沈黙のエール』の横関 大さん, トーハン, http://www1.e-hon.ne.jp/content/sp_0031_i1_201312.html 2014年10月28日閲覧。 
  2. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.469
  3. ^ a b “挑戦8年、自然体で大願成就 第56回江戸川乱歩賞受賞 横関大さん”. 産経新聞. (2010年6月1日). オリジナルの2010年10月22日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20101022020209/http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/100601/acd1006010838004-n1.htm 2014年10月28日閲覧。 
  4. ^ “「リアル」から少し離れる 作家・横関大(36)”. 朝日新聞. (2011年7月1日). オリジナルの2014年10月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141028051210/http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201106300345.html 2014年10月28日閲覧。 
  5. ^ 2006年 第52回 江戸川乱歩賞|日本推理作家協会
  6. ^ 2007年 第53回 江戸川乱歩賞|日本推理作家協会
  7. ^ 2008年 第54回 江戸川乱歩賞|日本推理作家協会
  8. ^ 2010年 第56回 江戸川乱歩賞|日本推理作家協会
  9. ^ “深田恭子主演「ルパンの娘」今夜!泥棒と警官の禁断の恋”. シネマトゥデイ. (2019年7月11日). https://www.cinematoday.jp/news/N0109863 2020年10月15日閲覧。 
  10. ^ “山田涼介×田中圭が凸凹バディ役、「キワドい2人」放送スタート日が明らかに”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年8月17日). https://natalie.mu/eiga/news/392150 2020年9月15日閲覧。