長井彬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

長井 彬(ながい あきら、1924年11月18日 - 2002年5月25日)は、日本の小説家

和歌山県田辺市生まれ。東京大学文学部哲学科卒業後、毎日新聞社入社。整理部を経て編集委員。整理部時代の先輩に作家の小峰元がいる。1979年(昭和54年)定年退職

定年退職後江戸川乱歩賞をめざし、昭和55年東海地震をテーマとした「M8以前」で第26回の最終候補作となるも落選。翌昭和56年原子力発電所の建設にまつわる疑惑をテーマとした「原子炉の蟹」で第27回江戸川乱歩賞を受賞。当初は社会派推理小説、後に山岳小説を得意分野とする。

2002年5月25日、脳梗塞のため大阪府吹田市の病院で逝去。享年77。

著書[編集]

  • 原子炉の蟹 講談社 1981.9. のち文庫 
  • 殺人オンライン 新社会派推理 講談社ノベルス 1982.8.
  • 北アルプス殺人組曲 光文社カッパ・ノベルス 1983.10. のち文庫 
  • 連続殺人マグニチュード8  1983.1.講談社ノベルス 「M8の殺意」文庫 
  • 奥穂高殺人事件 光文社 1984.7. カッパ・ノベルス のち文庫 
  • 死の轆轤 瀬戸の陶芸殺人事件 講談社ノベルス 1985.1.
  • 槍ケ岳殺人行 光文社 1985.7. カッパ・ノベルス のち文庫
  • 殺人路・上高地 光文社 1986.11. カッパ・ノベルス
  • 函館五稜郭の闇 1986.7 講談社ノベルス のちケイブンシャ文庫 
  • 南紀殺人海の密室 1987.9 講談社ノベルス
  • 萩・殺人迷路 光文社 1987.5. カッパ・ノベルス のち文庫 
  • 殺人連結のささやき 大陸書房 1988.12.
  • 千利休殺意の器 大陸書房 1989.12.
  • パリに消えた花嫁 大陸書房 1989.8.
  • 白馬岳の失踪 大陸書房 1990.7.
  • 赤の殺意 1992.5 ケイブンシャ文庫
  • ゴッホ殺人事件 実業之日本社 1993.1.