三浦明博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三浦 明博
(みうら あきひろ)
誕生 (1959-05-28) 1959年5月28日(58歳)
宮城県栗原市
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 明治大学商学部
活動期間 2002年 -
ジャンル 推理小説
主な受賞歴 江戸川乱歩賞(2002年)
デビュー作 滅びのモノクローム
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

三浦 明博(みうら あきひろ、1959年5月28日 - )は、日本小説家コピーライター

宮城県栗原郡築館町(現在の栗原市)出身。明治大学商学部卒業。仙台市の広告会社でコピーライターとして勤務後、1989年に独立。現在はフリーランスで活動している。

2000年シンククエスト@ジャパン学際部門、小学生向けのインターネット環境教育ソフト『ふしぎのとびら』でプラチナ賞受賞。同年、第46回江戸川乱歩賞最終候補。

2002年、「亡兆のモノクローム」(刊行時『滅びのモノクローム』に改題)で第48回江戸川乱歩賞を受賞しデビューする。

作品リスト[編集]

  • 滅びのモノクローム(2002年8月 講談社 / 2005年8月 講談社文庫)
  • 死水(2003年8月 講談社 / 2007年7月 講談社文庫)
  • サーカス市場(2006年3月 講談社 / 2009年3月 講談社文庫)
  • 罠釣師(2006年6月 文藝春秋
  • コワレモノ(2008年6月 サンガ
  • 失われた季節に(2008年9月 講談社)
  • 感染広告(2010年2月 講談社 / 2012年3月 講談社文庫)
  • 黄金幻魚(2011年4月 講談社)
  • 盗作の報酬(2012年5月 講談社)
  • 五郎丸の生涯(2012年7月 講談社)