阿部陽一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

阿部 陽一(あべ よういち、1960年7月22日-)は、日本の小説家徳島県生まれ。学習院大学法学部卒。日本経済新聞社に入社後、整理部、雑誌出版部などに勤務。

1989年に『クレムリンの道化師』で第35回江戸川乱歩賞最終候補作となる。この作品はソ連を舞台としたスパイ小説で作中に一人も日本人が登場しないというものだった。翌1990年に再び国際謀略小説(日本人は総理大臣のみ登場させている)である『フェニックスの弔鐘』を江戸川乱歩賞に送り、受賞を果たす。

著作[編集]


参考[編集]