曽根圭介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

曽根 圭介(そね けいすけ、1967年[1] - )は、日本小説家

静岡県生まれ[1]早稲田大学商学部中退[1]。サウナ従業員、漫画喫茶の店長などを経験[1]

2007年に「鼻」で第14回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞[2]。同年、「沈底魚」で第53回江戸川乱歩賞を受賞[3]。受賞時のペンネームは曽根狷介(けんすけ)。2009年、「熱帯夜」で第62回日本推理作家協会賞短編賞を受賞[4]

作品[編集]

単著[編集]

  • 沈底魚(2007年8月 講談社 / 2010年8月 講談社文庫
  • 鼻(2007年11月 角川ホラー文庫
    • 収録作品:暴落 / 受難 / 鼻
  • あげくの果て(2008年10月 角川書店
  • 図地反転(2009年9月 講談社)
    • 【改題】本ボシ(2012年8月 講談社文庫)
  • 熱帯夜(2010年10月 角川ホラー文庫)
    • 収録作品:熱帯夜 / あげくの果て / 最後の言い訳
  • 藁にもすがる獣たち(2011年8月 講談社 / 2013年8月 講談社文庫)
  • 殺し屋.com(2013年8月 角川書店)
  • TATSUMAKI 特命捜査対策室7係(2014年11月 講談社 / 2016年11月 講談社文庫)
  • 工作名カサンドラ(2015年7月 朝日新聞出版
  • 暗殺競売(オークション)(2017年2月 角川文庫)
  • 黒い波紋(2017年6月 朝日新聞出版)

アンソロジー[編集]

「」内が曽根圭介の作品

  • ザ・ベストミステリーズ 2009 推理小説年鑑(2009年7月 講談社)「熱帯夜」
    • 【分冊・改題】Bluff 騙し合いの夜 ミステリー傑作選(2012年4月 講談社文庫)
  • NOVA 2 書き下ろし日本SFコレクション(2010年7月 河出文庫)「衝突」
  • ザ・ベストミステリーズ 2010 推理小説年鑑(2010年7月 講談社)「老友」
    • 【分冊・改題】BORDER 善と悪の境界 ミステリー傑作選(2013年11月 講談社文庫)
  • 最新ベスト・ミステリー 現場に臨め(2010年10月 光文社カッパ・ノベルス)「天誅」
  • ザ・ベストミステリーズ 2011 推理小説年鑑(2011年7月 講談社)「義憤」
    • 【分冊・改題】Shadow 闇に潜む真実 ミステリー傑作選(2014年11月 講談社文庫)
  • 宝石ザミステリー2(2012年12月 光文社)「腸詰小僧」
  • ザ・ベストミステリーズ 2013 推理小説年鑑(2013年4月 講談社)「妄執」
  • 宝石ザミステリー2014冬(2014年12月 光文社)「解決屋」

出典[編集]

  1. ^ a b c d プロフィール 曽根圭介”. ローチケHMV. 2016年11月26日閲覧。
  2. ^ 日本ホラー小説大賞 受賞作品リスト”. webKADOKAWA. 2012年8月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月26日閲覧。
  3. ^ 第53回 江戸川乱歩賞授賞式 帝国ホテル富士の間にて”. 日本推理作家協会. 2012年9月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年11月26日閲覧。
  4. ^ 2009年 第62回 日本推理作家協会賞 短編部門”. 日本推理作家協会. 2016年11月26日閲覧。