坂本光一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

坂本 光一(さかもと こういち、1953年10月5日 - )は、日本の元小説家

来歴・人物[編集]

千葉県松戸市生まれ。東京大学農学部卒。在学中は野球部に所属、ショートとして東京六大学野球で活躍。卒業後は三菱商事に勤務。1988年高校野球をテーマとしたミステリ『白色の残像』で、初応募にして第34回江戸川乱歩賞を受賞した。

著書[編集]

  • 白色の残像 講談社 1988.9. のち講談社文庫(乱歩賞全集のみ)
  • ダブルトラップ 講談社 1989.7. 「二重の罠 ダブルトラップ」文庫 
  • ヘッドハンター 日本経済新聞社 1991.3 日経エコノミステリー
  • 五色の変化球 講談社 1992.9.

参考[編集]