鳥井架南子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

鳥井 架南子(とりい かなこ、1953年10月2日 - )は、日本小説家。デビュー時は鳥井 加南子(読みは同じ)の表記を用いていた(いずれもペンネーム)。本名、渡部章代[1]

愛知県出身。南山大学大学院文学研究科文化人類学専攻修士課程修了。1984年、「天女の末裔」で第30回江戸川乱歩賞を受賞。

作品リスト[編集]

鳥井加南子 名義
  • 天女の末裔 1984年 講談社 のち文庫、「乱歩賞全集」文庫
  • トワイライト 1985年 講談社
  • 月霊の囁き 満月が招く殺人の誘惑 1985年 講談社ノベルス のち文庫
  • 悪夢の妖怪村 スーパー脱出ゲーム・ノベル 1985年 ノン・ポシェット
  • 悪夢のマンダラ郷 スーパーゲーム・ノベル 1986年 祥伝社ノン・ポシェット
  • 悪夢の幽霊都市 スーパーゲーム・ノベル 1986 祥伝社ノン・ポシェット
  • 死者の還る渚 伊勢・志摩殺人事件 1987年 光文社カッパ・ノベルス のち文庫
  • オンラインの微笑 はじめてのパソコン通信探偵局 1988年 天山ノベルス のち新潮文庫
  • 時をさまよう恋人たち 1990年 講談社ノベルス
  • 最後の誕生日(ラスト・バースデー) 満月先生推理袋 1991年 光文社文庫
鳥井架南子 名義

ゲーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.458

外部リンク[編集]