早瀬乱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

早瀬 乱(はやせ らん、1963年 - )は、日本小説家ホラー小説作家・推理作家大阪府出身[1]。高校時代には美術部に所属しており、また版画家に師事して銅版画も習っていた[2]

略歴[編集]

法政大学文学部英文学科を卒業[1]

大学受験生を対象とした予備校を地元の大阪で開業するが、体調不良などもあって予備校を閉じ、以後、作家を目指して執筆活動に専念する。

2003年、第11回日本ホラー小説大賞に応募した「レテの支流」が佳作に選ばれ、翌2004年に同作品は、角川ホラー文庫角川書店刊)の一冊として出版され作家デビューを果たす[3]

2005年、「通過人の31」で江戸川乱歩賞最終候補となる[1]。翌2006年、「三年坂 火の夢」が第52回江戸川乱歩賞を受賞(同時受賞は、鏑木蓮の「東京ダモイ」)[4]

作品[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 早瀬乱”. 講談社BOOK倶楽部. 2012年1月29日閲覧。
  2. ^ 08年3月刊『サトシ・マイナス』ここだけのあとがき”. 東京創元社. 2012年1月29日閲覧。
  3. ^ 角川ホラー文庫 レテの支流”. webKADOKAWA. 2012年1月29日閲覧。
  4. ^ 第52回江戸川乱歩賞授賞式 帝国ホテル富士の間にて”. 日本推理作家協会. 2012年1月29日閲覧。