女たちは二度遊ぶ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

女たちは二度遊ぶ』(おんなたちはにどあそぶ)は、日本小説家吉田修一小説。および、この作品を原作としたドラマ

2006年に『野性時代』(角川書店)で「日本の十一人の美しい女たち」として発表。2010年BeeTVでドラマ化された。

収録作品[編集]

  • ゴシップ雑誌を読む女(2004年3月号)
  • どしゃぶりの女(2004年9月号)
  • CMの女(2004年10月号)
  • 最初の妻(2004年12月号)
  • 公衆電話の女(2005年1月号)
  • 泣かない女(2005年2月号)
  • 平日公休の女(2005年3月号)
  • 殺したい女(2005年4月号)
  • 夢の女(2005年5月号)
  • 自己破産の女(2005年6月号)
  • 十一人目の女(2005年7月号)

書籍情報[編集]

ドラマ[編集]

行定勲監督によって映像化され、男性にとっての”忘れられない女”がテーマのオムニバスドラマとして、2010年3月1日からBeeTVで配信[1]された[2][3]。各エピソードは原作通りだが、「つまらない女」のみオリジナル作品である[3]

BeeTV史上最長となる60日間連続ダウンロード数1位&累計900万ダウンロードを記録し、BeeTV史上最高傑作とも言われた[4]。そして2010年6月30日、台湾での第12回台北映画祭のパノラマ部門“The Voice of Asia”セクションで特別上映され、ケータイドラマ史上初の国際映画祭出品を果たす[5]。監督が現地に赴いて舞台挨拶に登壇したところ、スタンディングオベーションは約1分間にもおよび、定員380人の会場は立ち見が出る盛況ぶり[5]。5作の中では長谷川京子主演の「つまらない女」が人気だったという[5]。その他、ケータイドラマとしては異例の劇場公開も決定し、7月3日より新宿バルト9で1週間限定レイトショー公開され、劇場公開終了日となる7月9日にはDVDもリリースされた[4]

キャスト[編集]

どしゃぶりの女

自己破産の女

夢の女

平日公休の女

つまらない女

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 配信は毎週月曜日、水曜日、金曜日に行われた。
  2. ^ 美競演!小雪、相武紗季、水川あさみ、優香、長谷川京子が監督の「忘れられない女」にびっくり”. シネマトゥデイ (2010年2月28日). 2014年5月8日閲覧。
  3. ^ a b ハセキョー「つまらない女」と言われてショック?”. 映画.com (2010年2月28日). 2014年5月8日閲覧。
  4. ^ a b 美女競演のケータイドラマが劇場公開決定!小雪、相武紗季、長谷川京子、優香らの『女たちは二度遊ぶ』”. シネマトゥデイ (2010年6月4日). 2014年5月8日閲覧。
  5. ^ a b c 行定勲監督、ケータイドラマが国際映画祭で初上映 観客の反応に手ごたえ”. 映画.com (2010年7月1日). 2014年5月8日閲覧。
  6. ^ 安室奈美恵のドラマ主題歌PVの特別版で相武紗季、水川あさみ、小雪ら豪華競演”. cinemanet.cafe (2010年2月26日). 2014年5月8日閲覧。

外部リンク[編集]