深町秋生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
深町 秋生ふかまち あきお
誕生 (1975-11-19) 1975年11月19日(45歳)
日本の旗 日本山形県南陽市
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
ジャンル 推理小説暗黒小説ハードボイルドアクション小説
主な受賞歴 『このミステリーがすごい!』大賞大賞受賞(2004年)
デビュー作果てしなき渇き
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

(ふかまち あきお、1975年11月19日[1] -)は、日本小説家山形県南陽市出身[2]山辺町在住。

経歴・人物[編集]

山形県立山形中央高等学校を経て専修大学経済学部経済学科卒業[1]

銀行に勤めながら、趣味で小説を執筆していた父の姿を見て、「オヤジが書けるなら俺も」と幼少時から漠然と小説家を志す。その夢を持ち続け、大学卒業後、長井市の製薬メーカーに勤務する傍ら、山形市で月に1度開催される「小説家(ライター)になろう講座(現:山形小説家・ライター講座)」に通い、腕を磨く[3]

加藤 小判ニルヴァーナカート・コバーンのもじり)名義で『山形新聞』の「山新文学賞」に投稿を続ける。2003年、「山新新人賞」の選考委員を務めていた文芸評論家の池上冬樹の紹介で佐藤広行とともに『完全自殺マニュアル』を小説化した『小説自殺マニュアル』を発表。

2004年、『果てしなき渇き』で第3回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞[4]。同作は50万部を超えるベストセラーとなり[3]、本格的に作家デビューした。2008年、製薬メーカーを退職し専業作家となる。

2014年、デビュー作『果てしなき渇き』が中島哲也監督のメガホンで、『渇き』として映画化され、6月公開された[3][5]

小説のみならず『山形新聞』や『映画秘宝』にて映画評を、さくらんぼテレビサイト上にてコミック評論を手がけている。

作品リスト[編集]

単著[編集]

組織犯罪対策課 八神瑛子シリーズ[編集]

  • アウトバーン 組織犯罪対策課 八神瑛子(2011年7月 幻冬舎文庫
  • アウトクラッシュ 組織犯罪対策課 八神瑛子II(2012年3月 幻冬舎文庫)
  • アウトサイダー 組織犯罪対策課 八神瑛子III(2013年6月 幻冬舎文庫)
  • インジョーカー(2018年7月 幻冬舎
    • 【改題】インジョーカー 組織犯罪対策課 八神瑛子(2020年8月 幻冬舎文庫)

バッドカンパニーシリーズ[編集]

  • バッドカンパニー(2016年1月 集英社文庫
    • 収録作品:レット・イット・ブリード / デッド・オア・アライブ / チープスリル / ファミリーアフェア / ダメージ・インク / イーヴル・ウーマン / ランブリン・ギャンブリン・マン
  • オーバーキル バッドカンパニー2(2018年5月 集英社文庫)
    • 収録作品:ホワイトラビット / アズ・タイム・ゴーズ・バイ / クロスロード・ブルース / ノーシェルター / ブラック・マジック・ウーマン / バーサス

その他の作品[編集]

  • 果てしなき渇き(2005年1月 宝島社 / 2007年6月 宝島社文庫 / 2010年12月 宝島社文庫【新装版上・下】)
  • ヒステリック・サバイバー(2006年11月 宝島社 / 2008年11月 宝島社文庫 / 2018年9月 徳間文庫
  • 東京デッドクルージング(2008年8月 宝島社)
    • 【改題】デッドクルージング(2011年11月 宝島社文庫)
  • ダブル(2010年9月 幻冬舎 / 2012年10月 幻冬舎文庫)
  • ダウン・バイ・ロー(2012年5月 講談社文庫
  • ジャックナイフ・ガール 桐崎マヤの疾走(2014年6月 宝島社文庫)
    • 収録作品:スラッシュ&バーン / サーチ&デストロイ / ストリート・ファイティング・マン / スティング / リトル・ゲットー・ボーイ
  • 猫に知られるなかれ(2015年7月 角川春樹事務所
  • ショットガン・ロード(2016年5月 朝日新聞出版 / 2019年3月 朝日文庫
  • 卑怯者の流儀(2016年9月 徳間書店 / 2018年1月 徳間文庫)
    • 収録作品:野良犬たちの嗜み / 悪党の段取り / はぐれ者たちの成熟 / 秘めたる者らの殺気 / 策略家の踊り / 生き残りの騙り
  • 探偵は女手ひとつ(2016年12月 光文社
    • 【改題】探偵は女手ひとつ シングルマザー探偵の事件日誌(2019年1月 光文社文庫
      • 収録作品:紅い宝石 / 昏い追跡 / 白い崩壊 / 碧い育成 / 黒い夜会 / 苦い制裁
  • PO(プロテクション オフィサー)警視庁組対三課・片桐美波(2017年3月 祥伝社文庫
  • ドッグ・メーカー 警視庁人事一課監察係 黒滝誠治(2017年7月 新潮文庫
  • 地獄の犬たち(2017年9月 KADOKAWA
    • 【改題】ヘルドッグス 地獄の犬たち(2020年7月 角川文庫
  • 死は望むところ(2017年10月 実業之日本社文庫
  • PO 守護神の槍 警視庁身辺警戒員・片桐美波(2019年9月 祥伝社文庫)
  • 煉獄の獅子たち(2020年9月 KADOKAWA)

共著[編集]

  • 小説自殺マニュアル(2003年12月 太田出版) - 赤城修史名義で佐藤広行と共著

アンソロジー[編集]

「」内が深町秋生の作品

  • 10分間ミステリー(2012年2月 宝島社文庫)「臆病者の流儀」
  • もっとすごい! 10分間ミステリー(2013年5月 宝島社文庫)「なんでもあり」
  • 5分で読める! ひと駅ストーリー 本の物語(2014年12月 宝島社文庫)「ブックよさらば」
  • 5分で読める! ひと駅ストーリー 旅の話(2015年12月 宝島社文庫)「かわいい子には旅をさせよ」
  • 刑事という生き方 警察小説アンソロジー(2021年3月 朝日文庫)「野良犬たちの嗜み」

映像化作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 会員名簿 深町秋生”. 日本推理作家協会. 2017年10月14日閲覧。
  2. ^ 編集長インタビュー 作家 深町 秋生さん”. 株式会社山形コミュニティ新聞社. 2017年10月14日閲覧。
  3. ^ a b c 「ひと・とき 深町秋生さん 38」『読売新聞』山形版 2014年7月27日
  4. ^ 今月のプラチナ本 2011年10月号『アウトバーン 組織犯罪対策課 八神瑛子』”. ダ・ヴィンチニュース. 2017年10月14日閲覧。
  5. ^ “エンタメ 映画セレクション 渇き。 少女にささげた犯罪映画”. NIKKEI STYLE. (2014年6月29日). https://style.nikkei.com/article/DGXDZO73400870X20C14A6BE0P01?channel=DF260120166507&style=1 2019年9月6日閲覧。 

外部リンク[編集]