柚月裕子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
柚月 裕子
(ゆづき ゆうこ)
誕生 (1968-05-12) 1968年5月12日(49歳)
日本の旗 日本岩手県
職業 小説家推理作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2009年 -
ジャンル 推理小説
主な受賞歴 『このミステリーがすごい!』大賞(2008年)
大藪春彦賞(2013年)
日本推理作家協会賞(2016年)
デビュー作 臨床真理』(2009年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

柚月 裕子(ゆづき ゆうこ[1]1968年5月12日 - )は、日本小説家推理作家岩手県出身。山形県在住。

人物[編集]

子どもの頃は転勤族で、岩手県内をあちこち転校していた。以前から本が好きで、著名作家の話を聞きたくて参加した「小説家(ライター)になろう講座」(文芸評論家池上冬樹が世話人)を受講したことが、小説を書き始めたきっかけと語っている。『山新文学賞』で入選したのが自信となり、『このミステリーがすごい!』大賞に応募し大賞を受賞。

少女時代からシャーロック・ホームズシリーズの大ファン[2]横山秀夫に傾倒し、横山から自身の著作に帯を書いてもらった時には感動したという[3]。子どもの頃から男の世界といわれる物語が好き[4]。『仁義なき戦い』や『県警対組織暴力』の大ファンで[4]、「佐方貞人シリーズ」の佐方を広島出身に設定し[4][5]、2015年の『孤狼の血』も舞台を広島にした[2][4][6]

趣味はトールペイントやソーイング[7]

略歴[編集]

作品リスト[編集]

単行本[編集]

佐方貞人シリーズ[編集]

  • 最後の証人(2010年5月 宝島社 / 2011年6月 宝島社文庫
  • 検事の本懐(2011年11月 宝島社 / 2012年11月 宝島社文庫)
    • 収録作品:樹を見る / 罪を押す / 恩を返す / 拳を握る / 本懐を知る
  • 検事の死命(2013年9月 宝島社 / 2014年10月 宝島社文庫)
    • 収録作品:心を掬う / 業をおろす / 死命を賭ける / 死命を決する

その他[編集]

  • 臨床真理(2009年1月 宝島社 / 2010年3月 宝島社文庫【上・下】)
  • 蟻の菜園〜アントガーデン〜(2014年8月 宝島社 / 2015年8月 宝島社文庫)
  • パレートの誤算(2014年10月 祥伝社
  • 朽ちないサクラ(2015年2月 徳間書店
  • ウツボカズラの甘い息(2015年5月 幻冬舎
  • 孤狼の血(2015年8月 角川書店
  • あしたの君へ(2016年7月 文藝春秋
    • 収録作品:背負う者 / 抱かれる者 / 縋る者 / 責める者 / 迷う者(「旅立つ者」より改題)
  • 合理的にあり得ない 上水流涼子の解明(2017年2月 講談社)

アンソロジー[編集]

「」内が柚月裕子の作品

  • このミステリーがすごい!』大賞10周年記念 10分間ミステリー(2012年2月 宝島社文庫)「サクラ・サクラ」
  • しあわせなミステリー(2012年4月 宝島社)「心を掬う」- 佐方貞人シリーズ短編
  • 『このミステリーがすごい!』大賞作家書き下ろしBOOK(2012年8月 宝島社)「業をおろす」
  • 5分で読める!ひと駅ストーリー 降車編(2012年12月 宝島社文庫)「原稿取り」
  • ザ・ベストミステリーズ 2013(2013年4月 講談社)「心を掬う」
    • 【分冊・改題】Symphony 漆黒の協奏曲 ミステリー傑作選(2016年4月 講談社文庫
  • もっとすごい!10分間ミステリー(2013年5月 宝島社文庫)「お薬増やしておきますね」
  • 5分で読める!ひと駅ストーリー 夏の記憶 東口編(2013年7月 宝島社文庫)「チョウセンアサガオの咲く夏」
  • 『このミステリーがすごい!』大賞作家書き下ろしブック vol.2(2013年8月 宝島社)「死命を賭ける」
  • 5分で読める!怖いはなし(2014年6月 宝島社文庫)「初孫」
  • 5分で読める!ひと駅ストーリー 猫の物語(2014年9月 宝島社文庫)「愛しのルナ」
  • 5分で読める!ひと駅ストーリー 旅の話(2015年12月 宝島社文庫)「影にそう」
  • 10分間ミステリー THE BEST(2016年9月 宝島社文庫)「サクラ・サクラ」
  • 警察アンソロジー 所轄(2016年10月 ハルキ文庫)「恨みを刻む」
  • 悪意の迷路 最新ベスト・ミステリー(2016年11月 光文社)「背負う者」

未単行本化連載作品[編集]

単行本未収録短編[編集]

  • 正義を質す(宝島社『このミステリーがすごい!』2016年版)
  • 泣く猫(文藝春秋『オール讀物』2017年4月号)

映像化作品[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 佐方貞人シリーズ(テレビ朝日、主演:上川隆也
    • 最後の証人(2015年1月24日)
    • 検事の死命(2016年1月17日)
    • 検事の本懐(2016年12月3日)

映画[編集]

  • 孤狼の血(2018年春公開予定)

メディア出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 宝島社HPプロフィールや出版済みの本等、読み仮名はひらがなでは「ゆづきゆうこ」、ローマ字では「Yuko Yuzuki」で統一されている。
  2. ^ a b 柚月裕子 (2015年11月18日). 作家の読書道 第166回:柚月裕子さん. インタビュアー:瀧井朝世. WEB本の雑誌.. http://www.webdoku.jp/rensai/sakka/michi166_yuzuki/ 2016年11月11日閲覧。 
  3. ^ さくらんぼテレビ『BOOKトピックス』vol.15
  4. ^ a b c d 「暴力団抗争立ち向う2人の刑事 広島舞台に『男の世界』」中国新聞、2015年9月26日11面。
  5. ^ 柚月裕子 (2015年9月5日). 日の当たらないところの正義を描きたかった―『孤狼の血』柚月裕子インタビュー. インタビュアー:朝宮運河. ダヴィンチニュース.. https://ddnavi.com/news/256616/a/ 2016年11月11日閲覧。 
  6. ^ 柚月裕子. 嗜好と文化:第64回 柚月裕子さん「気がつけば少数派」. (インタビュー). 毎日新聞.. http://mainichi.jp/sp/shikou/64/01.html 2016年11月11日閲覧。 
  7. ^ MY WAY PEAPLE[要文献特定詳細情報]
  8. ^ 第7回『このミステリーがすごい!』大賞は青春ミステリーと正統派サスペンスのダブル受賞”. 新刊JPニュース. オトバンク (2008年9月30日). 2016年4月21日閲覧。
  9. ^ “推理作家協会賞、柚月裕子さん「孤狼の血」など”. YOMIURI ONLINE. (2016年4月19日). オリジナル2016年4月21日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/9k2vL 2017年8月5日閲覧。 

外部リンク[編集]