海堂尊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
海堂 尊
(かいどう たける)
誕生 本名 江澤 英史
1961年
日本の旗 千葉県
職業 医師小説家
国籍 日本の旗 日本
ジャンル 推理小説
代表作 チーム・バチスタの栄光
ジェネラル・ルージュの凱旋
主な受賞歴 『このミステリーがすごい!』大賞
科学ジャーナリスト賞
デビュー作 チーム・バチスタの栄光
公式サイト 海堂尊公式ホームページ
テンプレートを表示

海堂 尊(かいどう たける、本名 江澤 英史、1961年 - )は日本作家医師博士(医学)(千葉大学)。外科医病理医を経て、現在は国立研究開発法人放射線医学総合研究所重粒子医科学センターAi情報研究推進室室長[1]

来歴[編集]

千葉県千葉市出身。千葉県立千葉高等学校卒業後、千葉大学医学部医学科卒業、1997年に千葉大学大学院医学研究科博士課程修了、博士号取得。学位論文は「血液系細胞株K562におけるTPA誘導CD30抑制機構の解析」。

2005年に『チーム・バチスタの崩壊』で、第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞。2006年『チーム・バチスタの栄光』と改題して出版される。2006年週刊文春ミステリーベスト10」第3位。

病理医として国立研究開発法人放射線医学総合研究所重粒子医科学センター病院に勤務。千葉大学医学部非常勤講師も務める。しかし病理学会員が自身の抗議を坐視したため、17年間続けた病理医を2010年3月限りでやめる。オートプシー・イメージング(Autopsy imaging、Ai、死亡時画像病理診断)の重要性と社会制度への導入を訴える。Ai関連医学書は本名で著している。

私生活では1995年に結婚し2児の父[2]。特技は県立千葉高校から始めた剣道(3段)。千葉大学医学部時代には医学部剣道部で主将を務め、東医体で活躍する。また、中学以来、将棋の熱心なファンであり、2012年、第70期名人戦第一局の観戦記を執筆した。

受賞・候補歴[編集]

作風[編集]

現役の医師として、主に現代日本の医療問題をとりあげた小説をエンターテイメント性豊かな文体と豊かな人物造形で執筆している。メディカルエンターテイメント作家として活動する。全ての作品が東海地方の架空の地方都市である「桜宮市」を中心に舞台設定を共有する[3]。それらの作品間リンクに伴い、別作品のキャラクターがクロスオーバーして度々登場し、各作品はそれぞれ血縁関係者や背景が関わっている。

単行本から文庫化の際には、読みやすさを重視して改訂し[4]、「螺鈿迷宮」では約1割の減量化がされ、「イノセント・ゲリラの祝祭」では(同じ時系列、同じ主要登場人物だが)別作品である「東京都二十三区内外殺人事件」を内部に組み入れる形で再構成がなされている。

業界屈指の速筆として知られ、いつでもどこでもいつなんどきでも執筆できる。その際、BGMとしてJ-POPを延々流し、本人は密かにテーマ・ソングと呼んでいる[2]

深山正久・東大教授への批判[編集]

Aiについては東京大学大学院医学系研究科人体病理学・病理診断学分野の深山正久教授も研究しているが、これを“反対の立場からデータを捏造し発展を阻害”と指摘し、ブログで「Ai(死亡時画像診断)導入の反対の病理学会重鎮が、Aiの普及、発展を阻害」「病理学会上層部と官僚の癒着による学業業績剽窃事件」などと主張したため、深山教授に名誉毀損で330万円の損害賠償を求める訴えを起こされた。一審では「いずれも真実と認める証拠はない」として、被告側に110万円賠償を命じられた(2010年1月18日)。判決後、記者会見を開き「Aiは解剖率が低い日本の『死因不明社会』の解決策になると信じるからこそ批判をした。名誉棄損の部分ばかりが独り歩きしているが、Aiを適正に社会に導入するための危機感からブログを書いている。個人攻撃のつもりはない。Aiをめぐり学会などオープンな場で議論をしたかった。わたしの批判に反論し議論する場は、本来、裁判所ではなく学術の場ではないのか?」と語った。二審でも「盗用の証拠はない」として敗訴するが、「官僚と癒着」との直接的表現がない部分に関して名誉毀損の事実は認められないとして60万円に減額(2011年1月12日)された。最高裁に上告したが7月8日、上告棄却。

作品[編集]

小説[編集]

田口・白鳥シリーズ[編集]

作者はこのシリーズを「東城大学シリーズ」としている[5]

バブル三部作[編集]

作者はこのシリーズを「バブル三部作」としている[6]。出版元の講談社は「ブラックペアン」シリーズとしている[7]

海堂シリーズ現代篇[編集]

作者はこのシリーズを「海堂シリーズ現代篇」としている[8]

極北篇[編集]

その他の小説[編集]

単著未収録短編[編集]

  • 平和的祭典北京五輪(『オール讀物』2009年1月号)
  • 『真説・リョーマ伝』縁起(『「このミステリーがすごい!」大賞STORIES』)
  • 十枚のエチュード(『「このミステリーがすごい!」大賞10周年記念 10分間ミステリー』)
  • コマンダンテの海(『オール讀物』2012年2月号、3月号)
  • 司法解剖・所得倍増計画 (『小説 野性時代』2014年2月号)
  • カシオペアのエンドロール(『このミステリーがすごい! 4つの謎』)
  • 鉄仮面の微笑 (『小説 野性時代』2015年3月号)

単著未収録作品[編集]

  • チェ・ゲバラ、その生と死(『このミステリーがすごい!』大賞作家書き下ろしBOOK vol.1~vol.3[9]

未単行本化連載作品[編集]

  • ポーラースター(文藝春秋『オール讀物』2015年8月号 - )

小説以外の著作[編集]

  • 死因不明社会 Aiが拓く新しい医療(2007年11月 講談社ブルーバックス
  • 外科医 須磨久善(2009年7月 講談社 / 2011年7月 講談社文庫)
  • トリセツ・カラダ カラダ地図を描こう(2009年11月 宝島社)
  • ゴーゴー・Ai アカデミズム闘争4000日(2011年3月 講談社)
  • 死因不明社会2 なぜAiが必要なのか(2011年8月 講談社ブルーバックス)
  • 医療防衛 なぜ日本医師会は闘うのか(2012年3月 角川oneテーマ21新書)
  • 日本の医療 この人を見よ 「海堂ラボ」vol.1(2012年4月 PHP新書)
  • ほんとうの診断学 「死因不明社会」を許さない(2012年5月 新潮選書)
  • 日本の医療 この人が動かす 「海堂ラボ」vol.2(2013年4月 PHP新書)
  • トリセツ・ヤマイ ヤマイ世界を俯瞰する(2013年5月 宝島社)
  • 日本の医療 知られざる変革者たち 「海堂ラボ」vol.3(2014年2月 PHP新書)
  • いまさらですが、無頼派宣言。(2014年11月 宝島社)

編纂[編集]

  • 松本清張傑作選 暗闇に嗤うドクター 海堂尊オリジナルセレクション(2009年4月 新潮社 / 2013年1月 新潮文庫)

監修[編集]

  • 救命 東日本大震災、医師たちの奮闘(2011年8月 新潮社 / 2014年3月 新潮文庫)

メディア・ミックス[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

フジテレビ
テレビ朝日
NHK総合テレビ
TBS

漫画[編集]

コンピュータゲーム[編集]

出演[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]