神永学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
神永学
誕生 1974年8月3日
山梨県南巨摩郡増穂町(現富士川町
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本
最終学歴 日本映画学校(現日本映画大学
活動期間 2004年 -
ジャンル ミステリー時代SF
代表作 心霊探偵八雲
デビュー作 心霊探偵八雲 赤い瞳は知っている
公式サイト 神永学オフィシャルサイト
テンプレートを表示

神永 学(かみなが まなぶ、1974年8月3日 - )は、日本小説家山梨県出身。

自費出版した『赤い隻眼』が話題を呼び、2004年10月『心霊探偵八雲 赤い瞳は知っている』(『赤い隻眼』の改題)でプロデビュー。日本推理作家協会日本文藝家協会、会員。 代表作である『心霊探偵八雲』シリーズは、累計650万部を超え、舞台化、アニメ化などされている。

経歴[編集]

  • 山梨県南巨摩郡増穂町(現富士川町)出身。
  • 映画監督を目指し、山梨県立白根高等学校を卒業後、日本映画学校(現日本映画大学)に入学。
  • 映画学校卒業後、制作進行として働き始めるが、家庭の事情で断念。一般企業の人事総務担当として勤務を始める。この頃から、小説の執筆を始める。
  • 仕事の合間に書いた小説を、様々な賞に応募するが受賞に至らなかった。
  • 記念のつもりで『赤い隻眼』を自費出版するが、これが編集者の目に留まり、2004年10月、同作を大幅改稿した『心霊探偵八雲 赤い瞳は知っている』でプロデビュー。同年、執筆活動に専念するため、会社を退職。

小説[編集]

心霊探偵八雲シリーズ[編集]

  • 心霊探偵八雲 赤い瞳は知っている(2004年10月 文芸社 / 2008年3月 角川文庫
  • 心霊探偵八雲2 魂をつなぐもの(2005年3月 文芸社 / 2008年6月 角川文庫)
  • 心霊探偵八雲3 闇の先にある光(2005年7月 文芸社 / 2008年9月 角川文庫)
  • 心霊探偵八雲4 守るべき想い(2005年11月 文芸社 / 2009年2月 角川文庫)
  • 心霊探偵八雲5 つながる想い(2006年3月 文芸社 / 2009年6月 角川文庫)
  • 心霊探偵八雲 SECRET FILES 絆(2007年6月 文芸社 / 2009年10月 角川文庫)
  • 心霊探偵八雲6 失意の果てに(2006年12月 文芸社 / 2010年9月 角川文庫)
  • 心霊探偵八雲7 魂の行方(2008年2月 文芸社 / 2011年10月 角川文庫)
  • 心霊探偵八雲8 失われた魂(2009年8月 文芸社 / 2012年8月 角川文庫)
  • 心霊探偵八雲9 救いの魂(2012年3月 角川書店 / 2014年12月 角川文庫)
  • 心霊探偵八雲10 魂の道標(2017年3月 KADOKAWA)
  • 心霊探偵八雲 ANOTHER FILES いつわりの樹(2013年7月 角川文庫)
  • 心霊探偵八雲 いつわりの樹 ILLUSTRATED EDITION(2013年7月 角川書店)
  • 心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 祈りの柩(2014年6月 角川文庫)
  • 心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 裁きの塔(2015年9月 角川文庫)
  • 心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 亡霊の願い(2017年2月 角川文庫)

天命探偵 シリーズ[編集]

  • タイム・ラッシュ―天命探偵 真田省吾―(2008年3月 新潮社 / 2010年8月 新潮文庫
  • スナイパーズ・アイ―天命探偵 真田省吾2―(2009年4月 新潮社 / 2011年7月 新潮文庫)
  • ファントム・ペイン―天命探偵 真田省吾3―(2010年2月 新潮社 / 2012年7月 新潮文庫)
  • フラッシュ・ポイント―天命探偵 真田省吾4―(2011年6月 新潮社 / 2013年6月 新潮文庫)

  「天命探偵 Next Gear」

  • クロノス 天命探偵 Next Gear(2013年11月 新潮社 / 2015年10月 新潮文庫)
  • アレス 天命探偵 Next Gear(2015年11月 新潮社)

怪盗探偵山猫シリーズ[編集]

  • 山猫(2006年7月 文芸社)
  • 怪盗探偵山猫 虚像のウロボロス(2013年3月 角川書店 / 2014年10月 角川文庫 / 2016年3月 角川つばさ文庫)
  • 怪盗探偵山猫 鼠たちの宴(2013年3月 角川書店 / 2015年7月 角川文庫 / 2016年4月 角川つばさ文庫)
  • 怪盗探偵山猫 黒羊の挽歌(2016年2月 角川文庫)
  • 怪盗探偵山猫 月下の三猿(2016年9月 KADOKAWA:角川書店)

確率捜査官 御子柴岳人シリーズ[編集]

  • 確率捜査官 御子柴岳人 密室のゲーム(2011年8月 角川書店 / 2014年1月 角川文庫)
  • 確率捜査官 御子柴岳人 ゲームマスター(2015年9月 KADOKAWA / 2017年6月 角川文庫)

殺生伝シリーズ[編集]

  • 殺生伝 疾風の少年(2013年6月 幻冬舎
    • 【改題】殺生伝〈一〉 漆黒の鼓動(2016年7月 幻冬舎文庫
  • 殺生伝〈二〉 蒼天の闘い(2016年7月 幻冬舎文庫)

革命のリベリオンシリーズ[編集]

  • 革命のリベリオン 第I部 いつわりの世界(2014年8月 新潮文庫nex
  • 革命のリベリオン 第II部 叛逆の狼煙(2015年6月 新潮文庫nex)

浮雲心霊奇譚シリーズ[編集]

  • 浮雲心霊奇譚 赤眼の理(2014年11月 集英社 / 2017年4月 集英社文庫
  • 浮雲心霊奇譚 妖刀の理(2016年1月 集英社)
  • 浮雲心霊奇譚 菩薩の理(2017年2月 集英社)

その他[編集]

  • コンダクター(2008年9月 角川書店 / 2010年6月 角川文庫)
  • イノセントブルー 記憶の旅人(2013年1月 集英社 / 2015年1月 集英社文庫)

アンソロジー[編集]

「」内が神永学の作品

  • 本を巡る物語 小説よ、永遠に(2015年11月 角川文庫)「真夜中の図書館」

漫画化[編集]

映像化[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

  • 心霊探偵八雲(2010年10月 - 12月、NHK BS2

ファンブック[編集]

舞台脚本[編集]

  • Attic Theater あの日、雨は降っていた(2007年10月30日 - 11月4日、劇場MOMO)
  • 心霊探偵八雲 いつわりの樹(2008年3月6日 - 3月13日、青山円形劇場)
  • 心霊探偵八雲 魂のささやき(2009年6月19日 - 6月28日、紀伊國屋サザンシアター)
  • 密室のゲーム 確率捜査官御子柴岳人(2010年7月3日 - 11日、恵比寿・エコー劇場)
  • 心霊探偵八雲 魂をつなぐもの(2010年12月11日 - 19日、紀伊國屋サザンシアター)
  • 心霊探偵八雲 いつわりの樹(2013年8月21日 - 28日、青山円形劇場)
  • 心霊探偵八雲 祈りの柩(2015年2月11日 - 22日、新国立劇場 小劇場 / 2015年2月27日 - 3月1日、ABCホール)
  • 心霊探偵八雲 裁きの塔(2017年5月31日 - 6月11日、品川プリンスホテル クラブeX / 2017年6月16 - 18日、大阪ビジネスパーク円形ホール)

DVD BOOK[編集]

  • 舞台版「心霊探偵八雲 いつわりの樹」DVDBOOK(2008年10月20日発行、文芸社)
  • 舞台版「心霊探偵八雲 魂のささやき」DVDBOOK(2010年2月15日発行、文芸社)
  • 舞台版「心霊探偵八雲 魂をつなぐもの」DVDBOOK(2011年7月16日発行、文芸社)

DVD[編集]

  • 舞台版「密室のゲーム 確率捜査官御子柴岳人」DVD(2011年1月1日発行)
  • 舞台版「心霊探偵八雲 いつわりの樹」DVD(2014年1月17日発行)
  • 舞台版「心霊探偵八雲 祈りの柩」DVD(2015年9月11日発行)

雑誌掲載短編[編集]

  • パーソナル・リスク (『B-Quest』vol.3、文芸社、2006年9月 / 『yomyom』、新潮社、2012年5月〜 全5回)
  • 怪盗探偵山猫 鼠の巣窟 (『カドカワキャラクターズ ノベルアクト|ノベルアクト』1、角川書店、2010年9月)
  • 怪盗探偵山猫 鼠の尻尾 (『カドカワキャラクターズ ノベルアクト|ノベルアクト』2、角川書店、2012年6月)
  • 怪盗探偵山猫 羊の叛逆 (『小説 野性時代』、角川書店、2015年12月)
  • 怪盗探偵山猫 羊の血統 (『小説 野性時代』、角川書店、2016年1月-2月)
  • 心霊探偵八雲 劇場の亡霊(『小説 野性時代』、KADOKAWA、2016年11月-12月)
  • 心霊探偵八雲 背後霊の呪い(『小説 野性時代』、KADOKAWA、2017年1月-2月)
  • 心霊探偵八雲 亡霊の呻き(『小説 野性時代』、KADOKAWA、2017年6月-7月)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 亀梨和也 天才怪盗に!連ドラで“山猫”役 ド派手アクションも”. スポニチ アネックス (2015年11月16日). 2015年11月16日閲覧。

外部リンク[編集]