芳川泰久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
芳川 泰久
誕生 (1951-06-26) 1951年6月26日(68歳)
 
職業 フランス文学者文藝評論家
国籍 日本
主な受賞歴 第6回小島信夫文学賞(2010)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

芳川 泰久(よしかわ やすひさ、1951年6月26日 - )は、日本フランス文学者文藝評論家早稲田大学文学学術院教授。専門はバルザック

経歴[編集]

埼玉県出身。1974年早稲田大学文学部仏文科卒業。1981年大学院博士課程単位取得満期退学。1984年東京工業大学専任講師。1988年助教授1991年日本女子大学助教授。1995年同教授。1996年早稲田大学第一文学部教授。

1990年頃からは夏目漱石を手始めに日本近代文学の評論も執筆。2006年には小説「ホネガミ」(『文學界』掲載)を発表(『歓待』所収)。小説集『歓待』は第6回小島信夫文学賞を受賞。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『漱石論 鏡あるいは夢の書法』河出書房新社 1994
  • 『書斎のトリコロール 世紀末フランス小説を読む』自由国民社〈読書の冒険シリーズ〉 1994
  • 『小説愛 世界一不幸な日本文学を救うために』三一書房 1995
  • 『闘う小説家バルザック』せりか書房 1999
  • 『書くことの戦場 後藤明生金井美恵子古井由吉中上健次』早美出版社 2004
  • 『横断する文学 〈表象〉臨界を超えて』ミネルヴァ書房〈ミネルヴァ評論叢書〉 2004
  • 『私をブンガクに連れてって』せりか書房 2006
  • 『歓待』(小説)水声社 2009
  • 村上春樹とハルキムラカミ 精神分析する作家』ミネルヴァ書房、2010 
  • 『金井美恵子の想像的世界』水声社 2011 
  • 『謎とき 『失われた時を求めて』』新潮選書 2015 
  • 『『ボヴァリー夫人』をごく私的に読む 自由間接話法とテクスト契約』せりか書房 2015
  • 坊っちゃんのそれから』(小説)河出書房新社 2016
  • 『吾輩のそれから』(小説)河出書房新社 2016
  • 『先生の夢十夜』(小説)河出書房新社 2017
  • 『西郷を破滅させた男 益満休之助』(時代小説)河出書房新社 2018

共著・編著[編集]

  • 『読むことの誘惑』芳川ゆかり、永井典克 早美出版社 2002
  • 『ベストセラー世界の文学・20世紀 あらすじとエッセイで味わう1』 早美出版社 2006
  • 『日本文学にみる純愛百選』 早美出版社 2007
  • 『名作はこのように始まる 1』千葉一幹共編 ミネルヴァ書房 2008
  • ドゥルーズキーワード89』堀千晶共著 せりか書房 2008
  • 『ドゥルーズ千の文学』宇野邦一・堀千晶共編 せりか書房 2011
  • 『村上春樹 読める比喩事典』西脇雅彦共著 ミネルヴァ書房 2013 
  • 『小説への誘い 日本と世界の名作120』小池昌代中村邦生共著 大修館書店 2015

翻訳[編集]

  • クリスティーヌ・フェルニオ編『お一人きりですか? 同時代フランス短篇ベスト10』筑摩書房 1993
  • バルザック『ゴプセック・毬打つ猫の店』岩波文庫、2009
  • ジャン=ピエール・リシャール『ロラン・バルト最後の風景』堀千晶共訳 水声社「批評の小径」 2009
  • バルザック『田舎のミューズ 他』加藤尚宏共訳 水声社 2010
  • レーモン・クノー・コレクション9 人生の日曜日』水声社 2012
  • リシャール『フローベールにおけるフォルムの創造』山崎敦共訳 水声社「批評の小径」、2013 
  • ジャック・ランシエール『言葉の肉 エクリチュールの政治』監訳 堀千晶・西脇雅彦・福山智共訳 せりか書房 2013
  • バルザック『神秘の書』私市保彦加藤尚宏・大須賀沙織共訳 水声社 2013
  • フローベール『ボヴァリー夫人新潮文庫 2015
  • マルセル・プルースト『縮約・失われた時を求めて 全一冊』角田光代共訳 新潮社〈新潮モダン・クラシックス〉 2015
  • 『バルザック愛の葛藤・夢魔小説選集2 二人の若妻の手記』 加藤尚宏共訳 水声社 2015
  • 『バルザック愛の葛藤・夢魔小説選集5 三十女』 佐野栄一共訳 水声社 2016
  • アラン・ロブ=グリエ『もどってきた鏡』水声社「フィクションの楽しみ」 2018

外部リンク[編集]