小田島恒志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小田島 恒志(おだしま こうし、1962年3月17日 - )は、日本の英文学者、翻訳家、早稲田大学文化構想学部教授。日本英文学会、日本演劇学会、各会員[1]。日本ロレンス協会評議員[2]

来歴・人物[編集]

東京大学教授となった小田島雄志の次男として東京都に生まれる。桐朋高等学校を経て、1984年早稲田大学第一文学部英文科卒、1991年同大学院博士課程単位取得満期退学、ロンドン大学大学院修士課程修了。93年中央大学専任講師、95年助教授、96年早稲田大学文学部専任講師、97年助教授、2003年同文学学術院教授。

1996年東京・渋谷パルコ劇場で父と共訳した「シャドー・ランズ」を上演[3]

妻の小田島則子との共訳による翻訳が多い。

受賞[編集]

  • 1996 湯浅芳子賞(翻訳脚色部門,第3回)「平成7年度の戯曲翻訳活動」

共編著[編集]

  • ノーベル文学賞にもっとも近い作家たち いま読みたい38人の素顔と作品 青月社、2014 トム・ストッパードを担当

翻訳[編集]

  • 『レイ・クーニー笑劇集』小田島雄志共訳 劇書房 1994
  • ジャクリーン・モーリー『シェイクスピア劇場』小田島雄志共訳 三省堂図解ライブラリー 1995
  • リチャード・カーチス,ロビン・ドリスコル,ローワン・アトキンソン『ビーン 究極のパニック映画のすべて』小田島則子共訳 河出書房新社 1998
  • ロビン・ドリスコル,リチャード・カーチス,アンドリュー・クリフォード『Mr.ビーンのらくがき帳』小田島則子共訳 河出書房新社 1998
  • ジョーゼフ・ソブラン『シェイクスピア・ミステリー』小田島則子共訳 朝日新聞社, 2000
  • マイケル・フレイン『コペンハーゲン』劇書房 2001 のちハヤカワ演劇文庫 
  • トニー・パーソンズ『ビューティフル・ボーイ』小田島則子共訳 河出書房新社 2001 のち文庫
  • キャムロン・ライト『エミリーへの手紙』小田島則子共訳 日本放送出版協会 2002
  • トニー・パーソンズ『ビューティフル・ファミリー』小田島則子共訳 河出書房新社 2003
  • ミッチ・アルボム『天国の五人』小田島則子共訳 日本放送出版協会 2004
  • トニー・パーソンズ『そして、愛する彼女のために』小田島則子共訳 河出書房新社 2005
  • テネシー・ウィリアムズ欲望という名の電車』慧文社 2005
  • ミッチ・アルボム『もう一日』小田島則子共訳 日本放送出版協会 2007
  • グレッグ・ライティック・スミス『ニンジャ×ピラニア×ガリレオ』小田島則子共訳 ポプラ社 2007
  • J.C.マイケルズ『ファイアベリー 考えるカエル、旅に出る』小田島則子共訳 日本放送出版協会 2008
  • ビル・ブライソン『シェイクスピアについて僕らが知りえたすべてのこと』小田島則子共訳 日本放送出版協会 2008
  • トニー・パーソンズ『三人姉妹』小田島則子共訳 河出書房新社 2009
  • サディー・チェスタフィールド文 キャロライナ・ファリアス絵 スパイク・ジョーンズ,デイヴ・エガーズ映画の作者 モーリス・センダック原作『かいじゅうたちのいるところ お絵かきブック』小田島則子共訳 河出書房新社 2009
  • デイヴ・エガーズ『かいじゅうたちのいるところ』小田島則子共訳 河出書房新社 2009
  • モーリス・センダック原作 スパイク・ジョーンズ,デイヴ・エガーズ映画脚本『かいじゅうたちのいるところ ストーリーブック』小田島則子共訳 河出書房新社 2009
  • トム・ストッパード 2 ロックンロール』ハヤカワ演劇文庫 2010
  • D・H・ロレンス全詩集 完全版』青木晴男,大平章,戸田仁, 橋本清一共編訳 彩流社 2011
  • ジョン・ファーンドン『あなたは自分を利口だと思いますか? オックスフォード大学・ケンブリッジ大学の入試問題』小田島則子共訳 河出書房新社 2011
  • ミッチ・アルボム『ささやかながら信じる心があれば』小田島則子共訳 NHK出版 2012
  • バーナード・ショー『ピグマリオン』光文社古典新訳文庫、2013 

脚注[編集]

  1. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  2. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  3. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より

参考[編集]

  • 『人事興信録』1995年、小田島雄志の項 
  • 早大