マイケル・フレイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイケル・フレイン
Michael Frayn
誕生 1933年9月8日(80歳)
イギリスの旗イギリスロンドン
職業 小説家
国籍 イギリスの旗 イギリス
活動期間 1962-現在
ジャンル 歴史小説哲学
配偶者 en:Claire Tomalin
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

マイケル・フレインMichael Frayn1933年9月8日 – )は、イギリス小説家劇作家翻訳家である。

1933年、イギリスロンドン生まれ。

ケンブリッジ大学で学んだ。

1966年にサマセット・モーム賞、2000年トニー賞、2002年にウィットブレッド賞を受賞した。

受賞歴[編集]

  • サマセット・モーム賞 1966年 (The Tin Menに対して)
  • トニー賞 演劇作品賞 2000年 (Copenhagen(『コペンハーゲン』)に対して)
  • ウィットブレッド賞小説部門 2002年 (Spies(『スパイたちの夏』)に対して)

主な作品[編集]

小説[編集]

戯曲[編集]

Black and Silver, Mr. Foot, Chinamen, and The new Quixote

ノンフィクション[編集]

  • The Day of the Dog (1962)
  • The Book of Fub (1963)
  • On the Outskirts (1964)
  • At Bay in Gear Street (1967)
  • The Original Michael Frayn
  • Speak After the Beep: Studies in the Art of Communicating with Inanimate and Semi-animate Objects (1995)
  • Constructions (1974)
  • Celia's Secret: An Investigation (The Copenhagen Papers ) デビッド・バーク共著 (2000)
  • The Human Touch: Our part in the creation of the universe (2006)
  • Stage Directions: Writing on Theatre, 1970-2008 (2008)
  • Travels with a Typewriter (2009)
  • My Father's Fortune: A Life (2010)

日本語訳された作品[編集]