ビーン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビーン
Bean
監督 メル・スミス
脚本 リチャード・カーティス
ロビン・ドリスコル
製作 ピート・ベネット=ジョーンズ
エリック・フェルナー
ティム・ビーヴァン
製作総指揮 リチャード・カーティス
出演者 ローワン・アトキンソン
ピーター・マクニコル
音楽 ハワード・グッドール
撮影 フランシス・ケニー
編集 クリストファー・ブランデン
製作会社 ワーキング・タイトル・フィルムズ
タイガー・アスペクト・プロダクションズ
グラマシー・ピクチャーズ
配給 イギリスの旗 ポリグラム・フィルムド・エンターテインメント
日本の旗 ギャガ=ヒューマックス
公開 イギリスの旗 1997年8月1日
日本の旗 1998年3月21日
上映時間 89分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $18,000,000[1]
興行収入 $251,212,670[1]
テンプレートを表示

ビーン』(原題: Bean)は、1997年に製作されたコメディ映画イギリスアメリカの共同製作。日本では1998年に劇場公開された。

解説[編集]

『灰色と黒のアレンジメント-母の肖像』1871年 オルセー美術館

イギリスのITVで放送された人気コメディ番組『Mr.ビーン』の劇場版作品。舞台をアメリカのロサンゼルスに移し、ジェームズ・マクニール・ホイッスラーの名画『母の肖像』を巡って引き起こす騒動を描く。

劇中撮影されたコメディは新規のものもあるが、過去にテレビシリーズで行なわれたもの(「マグカップを割ってしまったため仕方なく口の中でコーヒーを作って飲む」「中身の入ったエチケット袋を潰してゲロを撒き散らす」)もある。テレビシリーズでおなじみのミニやテディも、場面は少ないが登場する。ビーンがイギリス人ということもあって、チャールズ皇太子の風貌を揶揄するセリフがあるほか、随所にザ・ビートルズの楽曲が用いられている。

ストーリー[編集]

名画『ホイッスラーの母の肖像』がパリオルセー美術館から、アメリカのロサンゼルスにあるグリアソン美術館に展示されることになった。ロンドンのナショナル・ギャラリーの学芸員達は、とんでもないトラブルメーカーの警備員だが会長に気に入られているビーンを厄介払いするために、ビーンを美術の専門家に仕立ててロサンゼルスに派遣する。一方、グリアソン美術館の学芸部長であるデビットは、ビーンを自宅に泊めることを提案するが、家族から猛反発を受ける。案の定、ビーンは空港に到着して早々に警備員が拳銃を持っているのに興奮し、拳銃を持っているふりをしているうちに空港を大混乱させてしまう。

翌日、ビーンは美術館に招かれるが、そこでも洗面所の蛇口をひねりすぎて股間を濡らしてしまったことをきっかけに美術館の面々からは変人に思われてしまった上、公開セレモニーでの本格的なスピーチを任されてしまう。デビットは不安になりながらもビーンを自宅に連れて帰ったが、デビットの家族も実家に帰ってしまった。ビーンの希望で遊園地に行った2人だが、ビーンはそこでもアトラクションのプログラムを勝手に変更して再び警察の世話となる。帰宅した2人だったが、そこへグリアソン夫妻が突然デビット邸を訪問。デビットはビーンに無理矢理料理を作らせるが、今度は電子レンジを爆発させる。デビットはようやくビーンが美術の専門家でないことに気づく。

ようやく『ホイッスラーの母の肖像』が美術館に到着。警備手順の説明のためデビットたちは部屋を出て行き、ビーンは1人絵の前に残されたが、絵に向かって洟を飛ばしてしまう。布巾で拭き取ろうとしたが、ポケットのペンが液漏れしていたせいで母の肖像の顔部分が汚れてしまう。ビーンはワゴンを装ったり、外壁を伝うなどして修繕室に到着し、シンナーでインクを取り去ることに成功したが、シンナーが強すぎて元の肖像まで溶け、さらに強くこすったことで顔の部分が完全に消え去ってしまった。絵が無いことに気づいたデビットは慌てているビーンに詰問、顔が消えてビーンによって「キノピオのお父ちゃんみたいな」落書きがしてあるのを見て狂乱してしまう。落胆した2人は、泥酔したまま帰宅。帰っていた家族にも呆れられ、離婚すらもほのめかされてしまう。深夜、物思いにふけるビーンであったが、ケヴィンの「ポスター」という言葉を聞き、あることを思いつく。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
VHS・DVD BD フジテレビ 日本テレビ
Mr.ビーン ローワン・アトキンソン 広川太一郎 江原正士 滝口順平 岩崎ひろし
デヴィッド・ラングレー ピーター・マクニコル 家中宏 納谷六朗 江原正士 中尾隆聖
アリソン・ラングレー パメラ・リード 杉村理加 相沢恵子 一城みゆ希 佐々木優子
ジェニファー・ラングレー トリシア・ヴェッセイ かないみか 松井菜桜子
ケヴィン・ラングレー アンドリュー・ローレンス 高乃麗 津野田なるみ
ジョージ・グリアソン ハリス・ユーリン 飯塚昭三 小山武宏 川久保潔 中村正
エルマー ラリー・ドレイク 島香裕 玄田哲章
会長 ジョン・ミルズ 有本欽隆 城山堅
ニュートン将軍 バート・レイノルズ 小島敏彦 富田耕生 飯塚昭三
ウォルトン長官 ピーター・イーガン 八木光生
ブルータス警部補 リチャード・ガント 大友龍三郎 沢木郁也 大平透 池田勝
ウォルター・ハントリー トム・マッゴーワン 山野井仁 西村知道
バトラー刑事 クリス・エリス
ジェイコブソン医師 デヴィッド・ドーティ 遠藤純一 島香裕
  • VHS・DVD版
その他の声の出演:寺内よりえ達依久子幸田夏穂横尾まり
劇場版に未公開シーンを追加した特別版として放映。またTV版では劇中で使われたランディ・ニューマンの『I Love L.A』が主題歌として使用される。
その他の声の出演:龍田直樹小山茉美清川元夢上田敏也中嶋一成小出悦子桜澤凛荒井静香田尻ひろゆき
その他の声の出演:日野由利加柚木涼香亀井芳子石森達幸、上田敏也、松井範雄土師孝也、横尾まり、桐本琢也滝沢ロコ加藤亮夫志村知幸斉藤恵理村上あかね

スタッフ[編集]

  • 監督:メル・スミス
  • 製作:ピート・ベネット=ジョーンズ、エリック・フェルナー、ティム・ビーヴァン
  • 共同製作:レベッカ・オブライエン
  • 製作総指揮:リチャード・カーティス
  • 脚本:リチャード・カーティス、ロビン・ドリスコル
  • 撮影:フランシス・ケニー
  • 美術監督:ピーター・ラーキン
  • 衣裳:ホープ・ハナフィン
  • 編集:クリストファー・ブランデン
  • 音楽:ハワード・グッドール

参考文献[編集]

  1. ^ a b Bean (1997)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年11月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]