宇野なおみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
うの なおみ
宇野 なおみ
生年月日 (1989-08-26) 1989年8月26日(28歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都
身長 154 cm
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1996年 -
著名な家族 宇野和男(父)
宇野あゆみ(姉)
事務所 さかがみ企画
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
渡る世間は鬼ばかり

宇野 なおみ(うの なおみ、1989年8月26日 - )は、日本女優で、元子役さかがみ企画所属。

来歴[編集]

東京都出身で、父はフリーアナウンサー宇野和男、姉は女優声優宇野あゆみである。

姉の影響で演技を始め、1996年に舞台『マダム・バタフライ』で子役として初舞台を踏む。舞台『おしん』で演技を評価され、1998年からテレビドラマ渡る世間は鬼ばかり』に「野々下加津」役でレギュラーとして出演する。長セリフをNGを出さずに難なくこなし、天才子役として称賛されて耳目を集める[1]

東京都立六本木高等学校に在学中の2007年2月3日に『第39回関東地区高等学校定時制通信制高等学校英語レシテーション・コンテスト』で、課題文 “The Fall of Freddy the Leaf” で3位に入賞したが、1年のうち9か月が芸能の仕事に忙殺され、高等学校卒業程度認定試験に合格して早稲田大学文化構想学部へ進学し[2]、卒業後はバンクーバーへ留学[3]した。

現在は女優業に並行して通訳翻訳の仕事も務める。

主な出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • マダム・バタフライ(1996年)
  • 放浪記(1996年・1999年、芸術座) - 行商人の子 役
  • おしん(1999年、中日・飛天) - おしん 役
  • ちょいといいかな、女たち(2003年・2005年、芸術座・名鉄ホール) - 佳奈 役
  • 渡る世間は鬼ばかり~舞台版~(明治座・芸術座) - 野々下加津 役
  • 喜和(2005年、 名鉄ホール) - 菊 役
  • 頭痛肩こり樋口一葉(2009年、南座) - 邦子 役
  • オサエロ(2011年、アクアスタジオ) - ヒロイン・夏子 役
  • ザ・ランド・オブ・レインボウズ(2013年、天才劇団バカバッカ、六行会ホール) - 佐田 役
  • 独占!女の70分(2014年、秘密結社ブランコ、ムーブ町屋) - 佐保 役・かず 役
  • PLAY COMIC STORYs(2014年、明石スタジオ) - 中林明菜 役・青山雪絵 役

バラエティ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]