それでも花は咲いていく

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
それでも花は咲いていく
著者 前田健
発行日 2009年3月17日
発行元 幻冬舎
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 単行本
文庫本
コード ISBN 9784344016477
ISBN 9784344416673(文庫本)
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

それでも花は咲いていく』(それでもはなはさいていく)は、前田健による日本の小説

概要[編集]

お笑い芸人俳優振付師として活動している前田健の書き下ろし処女小説。セクシャル・マイノリティをテーマに描いた9篇の短編小説集。前田自身もゲイであり、執筆に至った理由として「ゲイとして生きているこの世の中での違和感をストレートの人たちに疑似体験してもらいたかった」[1]、「自分用には作られていない世の中で、一度、負の部分にぶつかって、それでも前向きに生きている姿、不器用でも生きているということを物語に置き換えて描きたい」[2]と語っている。各篇のタイトルには花の名前がつけられている。

書誌情報[編集]

映画[編集]

それでも花は咲いていく
監督 前田健
脚本 前田健
原作 前田健
製作 松田英夫
太代眞裕
山田浩貴
出演者 仁科貴
滝藤賢一
平山浩行
音楽 小林俊太郎
主題歌 一青窈うんと幸せ
撮影 西垣文順
編集 米田博之
配給 ケイダッシュステージ
リンクライツ
公開 日本の旗 2011年5月7日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2011年5月7日、全国順次公開。所属事務所社長の薦めで原作者である前田自らが監督と脚本を手掛けた[2]。原作全9篇のうち、男性を主人公とする3篇「エーデルワイス」「ヒヤシンス」「パンジー」を映画化した。主演は仁科貴(「エーデルワイス」)、滝藤賢一(「ヒヤシンス」)、平山浩行(「パンジー」)。

キャスト[編集]

「エーデルワイス」[編集]

「ヒヤシンス」[編集]

「パンジー」[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作・脚本・監督:前田健
  • 製作:松田英夫、太代眞裕、山田浩貴
  • プロデューサー:木下陽介
  • 撮影:西垣文順
  • 照明:黒沢フィルムスタジオ
  • 録音:江坂強志
  • 編集:米田博之
  • 音楽:小林俊太郎
  • 配給:ケイダッシュステージ、リンクライツ

主題歌[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 前田健さんのインタビュー”. TokyoWrestling.com. 2013年4月7日閲覧。
  2. ^ a b ゲイ監督が、特殊な性癖を持つマイノリティたちのドラマを映画化”. MOVIE Collection (2011年5月7日). 2013年4月7日閲覧。

外部リンク[編集]