浴田由紀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

浴田 由紀子(えきだ ゆきこ、1950年12月19日[1][2] - )は元東アジア反日武装戦線“大地の牙”部隊のメンバー。同部隊リーダー齋藤和の内縁の妻であった。山口県長門市出身。なお、「えき」といわれることも多いが、本当の発音は「えき」である。

人物[編集]

現在の長門市に生まれる。生家は地主だったが、農地改革で没落していた[3]

1969年県立大津高校卒業後、北里大学衛生学部に一般入試で入学[1]。北里大学への進学にあたって、推薦入試で不合格となった際に親族の計らいで地元選出国会議員安倍晋太郎東京の家で書生・行儀見習いをしながら北里の夜学に通うすべも用意されていたというエピソードがある[4]

1971年学生運動とは無縁だったが、高校の同級生の逮捕をきっかけにその救援活動に入り、伊達政保らと知り合う[5]。同年初夏に渋谷駅前でハンスト中の平岡正明らのテック闘争に遭遇し、斎藤和と出会う。程なくしてその年の秋、斎藤らと出かけた韓国への「学習旅行」が大きな契機となり、反日思想を醸成させていく[6]

1973年、大学卒業、新宿三越診療所臨床検査技師として勤務[7]

同年、平岡、伊達、朝倉喬司らと共に楊明雄・戦後補償闘争、ダニエル・ロペス戦後補償闘争、ミクロネシア独立闘争などに参画[5]。ロペス戦後補償闘争に関しては、ロペスとの偽装婚約を行い、身元引受人となったが、ロペスとの生活に疲れ、右翼ヤクザとの共闘も行っていた闘争の方向性[8][9]にも疑問を感じていたころ、相談相手となったのが斎藤であった[10]

1974年、母校の研究職に転じる[11]。その少し後に斎藤と同棲。当初は前歴がなく、警察に顔の割れていない[12]浴田が、単に住所不定無職の斎藤に住居を提供するためのみの同居だったが[13]、内縁関係となる。10月、東アジア反日武装戦線の「大地の牙」に正式に加入。1974年10月14日三井物産爆破事件爆弾を設置するなど、「大地の牙」部隊が起こした連続企業爆破事件の犯行に関わったとされる。なお、浴田本人には爆弾製造に関する知識はなく、目覚し時計を元に時限装置を作り斎藤に渡した[14]とされるが、それが犯行に使われたかどうかは不明である。

1975年2月、朝日生命成人病研究所へ転職[15]

1975年5月19日朝8時ごろ、居住していた亀戸のツタバ・マンションで就寝中、踏み込んできた警察官に齋藤と共に逮捕される。齋藤は逮捕直後に青酸カリをあおり同日死亡。ちなみに浴田は、逮捕されるまで内縁の夫である齋藤の下の名前(和)の正しい読み方を知らなかったという[16]。齋藤の自殺を翌日取調べ中に警察官から聞かされ、「夫殺し!」「同志殺し!」といった誹謗中傷を受けたあとに、「革命に殉じた」と言われたり[17]、四十九日にはおはぎの差し入れを受けるといった自供を引き出すための作戦及び、親族と名乗る女性の泣き脅しといった、救援連絡センターや他の東アジア反日武装戦線のメンバーから引き離す作戦を受けたが[18]、結果的に警察及び検察側には逆効果となり、獄中者組合に加入した浴田は他のメンバーらと東アジア反日武装戦線の新部隊“KF部隊”を結成[19]し、女性メンバーである大道寺あや子らと共に、当初収容された女区、彼女らを隔離した男区に於いて激しい獄中闘争を繰り広げることとなった[20][21]。初公判では「革命戦士です。職業は東アジア反日武装戦線兵士。本籍は全世界人民共和国です」と自己紹介した[22]。また当時、「革命は義」という言葉を常に語っていたと、公判では浴田、そして佐々木規夫の実兄ら支援者らから自白の自己批判を執拗に迫られていた益永利明に証言されている[23]

1977年ダッカ日航機ハイジャック事件において、日本赤軍の要求に基づき超法規的措置釈放される。その後逃亡し、日本赤軍に加入。国際指名手配される。

1981年に一子を出産した。1995年ペルーからルーマニアに日系ペルー人を装って入国し、潜伏活動をしていたところを3月20日に身柄を拘束され、偽造有印私文書行使の容疑で国外退去となり日本へ向かう飛行機内で逮捕された。このことについて、後の裁判において弁護側は、本人は日本行きに反対であったこと、移送の状況が強制送還と考えられることなどを挙げ、違法性を指摘している。

2002年7月4日検察無期懲役求刑したが東京地方裁判所にて懲役20年の判決が下される。「大地の牙」単独の事件に関して裁判所の判決が出たのは初めてであった。検察側・弁護側共に量刑が不当だとして控訴したが、2004年5月11日東京高等裁判所は双方の控訴を棄却。浴田は上告したものの、8月5日に上告を取り下げ、懲役20年の判決が確定した。

服役中は栃木刑務所で過ごし、2017年3月23日に刑期満了で釈放された。釈放の際は東京拘置所へ移っていた[24]

2017年3月、「えきたゆきこ」の筆名で作家デビューした[25][26]

著書[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『でもわたしには戦が待っている—斎藤和(東アジア反日武装戦線大地の牙)の軌跡』東アジア反日武装戦線への死刑・重刑攻撃と闘う支援連絡会議編 (風塵社)

※活動における同志、また私生活においての齋藤のパートナーであったことから、当該文献には自身の来歴、自伝的内容も含んだ、150ページ強に及ぶ詳述が掲載されている。

出典[編集]

  1. ^ a b 『でもわたしには戦が待っている』「齋藤和さんをめぐる証言」P.113
  2. ^ 浴田由紀子さんを救援する会
  3. ^ 『でもわたしには戦が待っている』風塵社、p.468
  4. ^ 東アジア反日武装戦線支援連ニュースNo.356(2013/04/03)
  5. ^ a b チンペイ「陳平」(浴田由紀子さん)の昔話
  6. ^ 『でもわたしには戦が待っている』pp.118 - 120
  7. ^ 『でもわたしには戦が待っている』p.472。同診療所を志望した理由は当時無医村の巡回検診を行っていたからだったが、入所年に財政問題から中止となった。
  8. ^ 『現代につづく昭和40年代激動文化』、伊達政保、2012年、汎世書房、p365、ISBN 9784434163333
  9. ^ 『でもわたしには戦が待っている』p.61。平岡正明の知人に台湾系ヤクザやその関係者が何人かいたのと、楊が「帝国軍人」精神の持ち主だったことに起因する。平岡にとって台湾系ヤクザや台湾人軍属の共闘は彼の思想「窮民革命論」と「大東亜共栄圏の日帝本土への還流(=復讐)」の理想形だった。
  10. ^ 『でもわたしには戦が待っている』pp.121 - 122
  11. ^ 『でもわたしには戦が待っている』p.123
  12. ^ 『でもわたしには戦が待っている』p.120。活動家の支援はしていたが、そのことで特にマークはされておらず、大学から就職先に警察の鑑識課を推薦されていたほどだった。
  13. ^ 『でもわたしには戦が待っている』pp.124 - 125
  14. ^ 『でもわたしには戦が待っている』pp.129- 130。記述によると1974年8月中旬ごろという。
  15. ^ 朝日新聞1975年5月20日朝刊
  16. ^ 『でもわたしには戦が待っている』p.199
  17. ^ 松下竜一『狼煙を見よ―東アジア反日武装戦線“狼”部隊』河出書房新社、1987年
  18. ^ 『でもわたしには戦が待っている』pp.203 - 216
  19. ^ 『でもわたしには戦が待っている』p.384。名称の"K"は斎藤和の通称「カズ」より、"F"は皇太子(当時)訪沖に抗議して焼身自殺した釜ヶ崎共闘会議の船本州治から取られた。
  20. ^ 『でもわたしには戦が待っている』風塵社、pp.219 - 225
  21. ^ 雑報「呼び声は獄舎を越えて 荒井まり子獄中書簡集」、1980年7月10日
  22. ^ 連続企業爆破事件 北海道庁爆破事件
  23. ^ 利明君証人尋問は、次回12月24日が最終回です支援連ニュース No.208
  24. ^ “連続企業爆破事件で服役の浴田由紀子さん(66)釈放 懲役20年の刑期終え 元「大地の牙」メンバー”. 産経新聞. (2017年3月23日). http://www.sankei.com/affairs/news/170323/afr1703230005-n1.html 2017年3月23日閲覧。 
  25. ^ ここに一人の児童文学作家がデビューした 図書新聞、2017年04月29日
  26. ^ 青少年より、大人のハートを撃つ小説 図書新聞、2017年06月03日