平岡篤頼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

平岡 篤頼(ひらおか とくよし、1929年5月2日 - 2005年5月18日)は、日本仏文学者文芸評論家作家早稲田大学名誉教授。

生涯[編集]

大阪市生まれ。1952年早稲田大学文学部仏文科卒業。61年同大学院文学研究科仏文学専攻博士課程満期退学。1957-60年パリ大学に学び、1962年早大文学部講師、65年助教授、70年教授、2000年定年、名誉教授[1]

アラン・ロブ=グリエクロード・シモンマルグリット・デュラス等、ヌーヴォー・ロマンの翻訳で知られているが、バルザックメリメ等も翻訳し、小説も書くなど、幅広い活動をおこなった。

作家としては1968年にクロード・シモン著「フランドルへの道」でクローデル賞を受賞。日本文学評論「変容と試行」などを著し、1982年に「消えた煙突」で、1983年に「赤い罌粟の花」で2度芥川賞候補となる。早稲田大学文芸専修の創設や「早稲田文学」刊行、「早稲田文学新人賞」発展にも尽力した。平岡のもとで学んだ教え子には、栗本薫重松清堀江敏幸小川洋子角田光代勝谷誠彦らがいる。

没後、遺族による寄付を基に「早稲田文学」で「剣玉基金」が設置された。

著書[編集]

  • 『パリふたたび』小沢書店 1973
  • 『変容と試行』河出書房新社 1973
  • 『迷路の小説論』河出書房新社 1974
  • 『文学の動機』河出書房新社 1979
  • 『消えた煙突』福武書店 1982
  • 『薔薇を喰う』福武書店 1985
  • 『パリその日その日』筑摩書房 1990
  • 『赤い罌粟の花』小沢書店 2000 
  • 『記号の霙 井伏鱒二から小沼丹まで』早稲田文学会 2008 

共編著[編集]

  • 『フランス文学辞典』土居寛之山田爵共編 言潮社 1963
  • 『速修フランス語20課』桜井成夫共編 第三書房 1963

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』1987、2002

外部リンク[編集]