東日本旅客鉄道秋田支社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東日本旅客鉄道 > 東日本旅客鉄道秋田支社
JR東日本秋田支社

東日本旅客鉄道秋田支社(ひがしにほんりょかくてつどう あきたししゃ)は、秋田県秋田市にある東日本旅客鉄道(JR東日本)の地域支社。秋田県秋田市中通七丁目1-1(秋田駅西口)に位置する。

概要[編集]

1950年昭和25年)8月1日日本国有鉄道(国鉄)の組織再編に伴い秋田鉄道管理局として設置される。1958年(昭和33年)には庁舎が改築され、国鉄分割民営化後には管轄地域の移管など変遷を重ねた。

支社社屋の老朽化が顕著となり、3棟で分散して業務にあたっていたため、旧社屋に近接して新社屋を建設。2017年平成19年)3月25日に落成式が挙行され[1]、同年4月24日から新社屋において業務が開始された[2]。また旧社屋跡地にはABS秋田放送が新築移転した。

沿革[編集]

旧秋田支社 2007年5月3日撮影

管轄路線[編集]

東北地方のうち、秋田県と山形県内の羽越本線の一部区間と青森県西部を中心に管轄する。旧国鉄秋田鉄道管理局の流れを汲んでいる。2021年3月31日時点で、合計634.9kmの在来線、143の駅を管轄している[30]

路線

支社境界が場内信号機などと一致する場合は該当停車場信号場など)を境界駅として扱うが、支社境界が閉塞区間上にある場合には境界線の内側の停車場を記載している。なお、◇が付いた路線は全線が管理区間内に入っている路線、●印が付いた路線は他線接続駅しか管理区間内に入っていない路線である。

路線名 区間 駅数 備考
奥羽本線 院内駅[注 2] - 新青森駅[注 3](新青森駅構内除く) 58 このうち大曲駅 - 秋田駅間は秋田新幹線列車も走行
北上線 黒沢駅[注 4] - 横手駅 [* 1]5  
田沢湖線 志度内信号場[注 5] - 田沢湖駅 - 大曲駅 [* 2]10 全区間にわたり秋田新幹線列車も走行
羽越本線 本楯駅[注 6] - 秋田駅 [* 3]21  
男鹿線 追分駅 - 男鹿駅 [* 4]8  
五能線 東能代駅 - 川部駅 [* 5]41  
花輪線 (長木川橋梁東大館方)[注 7] - 大館駅 [* 6]0  
駅数についての注釈
  1. ^ 奥羽本線と接続する横手駅は含まない。
  2. ^ 奥羽本線と接続する大曲駅は含まない。
  3. ^ 奥羽本線と接続する秋田駅は含まない。
  4. ^ 奥羽本線と接続する追分駅は含まない。
  5. ^ 奥羽本線と接続する東能代駅と川部駅は含まない。
  6. ^ 大館駅は奥羽本線の駅として計上される。

※なお、除雪作業については、奥羽本線は及位駅以北、田沢湖線は大地沢信号場以西を担当している。

かつての管轄路線[編集]

昭和の末期までは奥羽本線の米沢駅 - 新青森駅間の他、左沢線全線、米坂線の米沢駅 - 今泉駅(この駅で旧長井線と合流するため)間、仙山線羽前千歳駅から数百メートルほど、陸羽東線新庄駅 - 南新庄駅(この駅まで奥羽本線と併走するため)間、陸羽西線余目駅を除く)の各区間も担当していた。ただし、山形新幹線開業を控え管理区分が見直され、仙台支社(当時は東北地域本社)に移管された。2007年7月には、将来の東北新幹線の新青森駅延伸開業に伴い、新青森駅 - 青森駅間が盛岡支社に移管された。

逆に北上線は横手駅構内を除き、全線盛岡鉄道管理局盛岡支社の管内だった。

これらを差し引きすると、旧秋田鉄道管理局の管轄と一致する。

なお、花輪線は大館駅を除き、秋田県内も含む全線が盛岡支社のいわば「飛地路線」であり、秋田支社管轄ではない(盛岡駅 - 好摩駅間の旧東北本線IGRいわて銀河鉄道に転換されたため)。

支社組織[編集]

運輸部[編集]

  • 企画課
    • 総務・契約グループ
    • 乗務員グループ
    • 運輸企画グループ
  • 営業課
    • 営業企画グループ
    • サービスグループ
    • 販売企画グループ
    • (秋田マルス指令)
    • 宣伝開発グループ
    • 旅行業グループ
  • 事業課
    • 事業開発グループ
    • 事業管理グループ
  • 輸送課
    • 列車計画グループ
    • 運用計画グループ
    • 指令室(輸送指令・旅客指令・運用指令・新幹線指令)
  • 車両課
    • 車両グループ
    • 検修グループ

備考[編集]

  • 営業課は、複数のグループで構成されている課である。各グループに「営業課、副課長」としてグループリーダーが配置され、それぞれのグループを指揮している。
  • 課長職は「営業課長」「サービス課長」「販売促進担当課長」「旅行業担当課長」らが配置されている。
  • 部長職に関しては「総務部長」「設備部長」「運輸部長」の他、秋田支社には「営業部」と言う部署は存在しないが、営業全般を総括する「営業部長」が配置されている。

監査室[編集]

  • 監査グループ

総務部[編集]

  • 総務課
    • 総務・法務グループ
    • 企画グループ
    • 開発グループ
    • 広報グループ
  • 人事課
    • 企画・賞罰グループ
    • 任免・教育グループ
    • 要員・雇用グループ
  • 経理課
    • 予決算グループ
    • 資材グループ
    • 出納グループ
    • 審査グループ
  • 安全対策室
    • 調査安全グループ
  • 企画室

総合訓練センター[編集]

設備部[編集]

  • 企画課
    • 企画・計画グループ
    • 資産協議・用地グループ
  • 保線課
    • 保線技術・計画グループ
  • 設備土木課
    • 土木企画・計画グループ
    • 旅客設備グループ
  • 電力課
    • 電力企画グループ
    • 電力保全グループ
    • 電力指令
  • 信号通信課
    • 企画グループ
    • 信号グループ
    • 通信グループ
    • 信号通信指令

地区の区分[編集]

秋田支社管内では駅を4つの地区に分けている。

地区 管理駅 管理駅の管理下にある有人駅
県南地区連携室
(大曲駅主管)
横手駅 湯沢駅横堀駅、○十文字駅飯詰駅相野々駅
大曲駅 (○大曲駅新幹線乗換口)、神宮寺駅刈和野駅峰吉川駅羽後境駅、○田沢湖駅、○角館駅羽後長野駅
中央地区連携室
(秋田駅主管)
秋田駅 和田駅、(○秋田駅新幹線乗換口・新幹線中央改札)、○新屋駅、○羽後牛島駅
土崎駅 追分駅大久保駅羽後飯塚駅井川さくら駅、○八郎潟駅二田駅、○船越駅、○男鹿駅
羽後本荘駅 遊佐駅、○象潟駅金浦駅仁賀保駅西目駅羽後岩谷駅羽後亀田駅岩城みなと駅
県北地区連携室
(東能代駅主管)
東能代駅 鹿渡駅森岳駅二ツ井駅、○鷹ノ巣駅早口駅、○大館駅、○能代駅向能代駅あきた白神駅
津軽地区連携室
(弘前駅主管)
弘前駅 碇ケ関駅大鰐温泉駅、○川部駅北常盤駅、○浪岡駅
五所川原駅 深浦駅、○鰺ケ沢駅陸奥森田駅木造駅

車両基地[編集]

  • 秋田総合車両センター - 旧土崎工場。JR東日本管内の車両の改造・点検の他、主要駅で使用する駅備品の製作も行う。JR東日本では2004年(平成16年)5月からテロ対策として、側面が透けて見えるゴミ箱約2,300台を主要駅から順次設置しているが、その全てが秋田総合車両センターで造られたものである。
    • 南秋田センター(秋アキ) - 旧南秋田運転所→旧秋田車両センター。旧秋田車両センターの在来線部門が組織改正のため発足[31]
  • 秋田新幹線車両センター - 旧秋田車両センターの新幹線車両部門が新幹線統括本部へ移管されたことに伴い発足[32]

乗務員区所[編集]

運転士・車掌[編集]

設備保全区所[編集]

保線関係区所[編集]

  • 秋田保線技術センター
  • 大曲保線技術センター
    • 横手エリアセンター
  • 東能代保線技術センター
    • 大館派出
  • 羽後本荘保線技術センター
  • 弘前保線技術センター

電気関係区所[編集]

  • 秋田電力技術センター
    • 弘前電力メンテナンスセンター
  • 秋田信号通信技術センター
    • 弘前信号メンテナンスセンター

その他の区所[編集]

  • 秋田土木技術センター
    • 弘前派出
  • 秋田建築技術センター
  • 秋田機械技術センター

自動改札機導入[編集]

乗車人員ベスト10(2019年度)[編集]

順位 駅名 1日平均
乗車人員
1 秋田駅 10,390人
2 弘前駅 4,503人
3 土崎駅 2,032人
4 大曲駅 1,957人
5 追分駅 1,618人
6 横手駅 1,194人
7 羽後本荘駅 1,064人
8 新屋駅 942人
9 浪岡駅 909人
10 大館駅 874人

マスコットキャラクター[編集]

国鉄秋田鉄道管理局時代からアッキー (Acky) というマスコットキャラクターが設定されていた。

1985年(昭和60年)、秋鉄局では販売促進のためにマスコットキャラクターによる宣伝を行なうことが検討されており、この案は特に局内の会議にて審議されることもなく、プロジェクトチームの発案により決定した。イメージキャラクターは当初は秋田犬を使用することが検討されたが、秋鉄局の管内には山形県や青森県の駅も含まれていることから、珍しい動物をキャラクターにすることになり、ヒョウが選ばれた。鼻をハート型にすることで、社員が心を込めて接することを表現したキャラクターは、社内公募で「アッキー」と命名された。

「アッキー」は、子供を中心に人気となり、キャラクターグッズも複数種類発売され、他の鉄道管理局からも視察をたびたび受けるほどで、大成功となった。また、秋田博'86への臨時列車の列車愛称が「アッキー号」となり、洋風気動車の愛称はエレガンスアッキーとされたほか、民営化後には直営のハンバーガー店の店名も「パナデリア・アッキー」とされた。

しかし、1989年(平成元年)に社内上層部から「国鉄時代の遺産をなくす」という指示が下り、「アッキー」もその対象に含まれていた。キャラクターグッズの販売もなくなり、「アッキー」が使用されているのは車両のドアステッカーのみとなった。

日本郵便株式会社との連携[編集]

2018年(平成30年)6月12日日本郵便株式会社と東日本旅客鉄道株式会社は、「日本郵便とJR東日本の地域・社会の活性化に関する協定」を締結した。

2019年(令和元年)12月11日12日に協定に基づき、日本郵便株式会社東北支社と東日本旅客鉄道株式会社秋田支社および株式会社ジェイアール東日本物流は、秋田県で採れた新鮮な農産物などを各社のネットワークを活用し、秋田中央郵便局が郵便車で秋田駅まで、秋田駅から秋田新幹線(こまち)にて東京駅まで、ジェイアール東日本物流が東京駅から「あきた産直市」が開かれている大宮駅までトラックで運ぶ物流トライアルを実施[33]。宮城県、長野県に次いで3例目[33]。将来的には、首都圏に即日販売する経路を確立したいとのこと[33]。旅客列車による物品輸送は「客貨混載」参照。

関連会社[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 本人が秋田市出身で、実兄が当時国鉄に専務車掌として勤務していた為、秋鉄局が所属するサンミュージックと交渉して実現した。
  2. ^ 及位駅との間にある院内トンネルの新庄方の出入口付近に、仙台支社との境界がある。
  3. ^ 新青森駅構内は盛岡支社の管轄。同駅下り場内信号機が支社境となっている。
  4. ^ ゆだ高原駅との間の秋田県と岩手県の県境付近に盛岡支社との境界がある。
  5. ^ 大地沢信号場との間の、岩手県と秋田県の県境を跨ぐ仙岩トンネル内に盛岡支社との境界がある。
  6. ^ 酒田駅との間の日本海東北自動車道との交差地点から、秋田寄りの最初の踏切の間に新潟支社との境界がある。
  7. ^ 東大館駅との間の、長木川橋梁と第2片山踏切(大館側最初の踏切)の間に盛岡支社との境界がある。

出典[編集]

  1. ^ a b 「JR秋田新社屋完成、秋田市中通 関係者ら祝う」『秋田魁新報』2017年3月26日付
  2. ^ “秋田)市街地活性化の先鞭に 新JR支社ビルが落成”. 朝日新聞デジタル. (2017年3月26日). http://www.asahi.com/articles/ASK3T43CYK3TUBUB002.html 2017年4月9日閲覧。 
  3. ^ 大正8年鉄道院告示第20号(大正8年5月1日付『官報』第2021号掲載)
  4. ^ 昭和11年鉄道院告示第265号(昭和11年9月1日付『官報』第2901号掲載)
  5. ^ 昭和17年鉄道省告示第203号(昭和17年9月9日付『官報』第4701号掲載)
  6. ^ a b 『秋田駅-東能代駅間 駅開業100周年記念誌』p.154
  7. ^ a b 『秋田駅-東能代駅間 駅開業100周年記念誌』p.181
  8. ^ a b 『秋田駅-東能代駅間 駅開業100周年記念誌』p.182
  9. ^ 『秋田鉄道100話』p.239
  10. ^ 『秋田鉄道100話』p.240
  11. ^ 『一世紀を駆けぬけた 秋田の鉄道百年そして秋田新幹線』p.60
  12. ^ 『秋田鉄道100話』pp.194-195
  13. ^ 『一世紀を駆けぬけた 秋田の鉄道百年そして秋田新幹線』p.46
  14. ^ a b 『秋田駅-東能代駅間 駅開業100周年記念誌』p.184
  15. ^ 『一世紀を駆けぬけた 秋田の鉄道百年そして秋田新幹線』p.53
  16. ^ 『一世紀を駆けぬけた 秋田の鉄道百年そして秋田新幹線』p.61
  17. ^ 『一世紀を駆けぬけた 秋田の鉄道百年そして秋田新幹線』p.62および「秋田駅びゅうプラザあすオープン」『秋田魁新報』1991年12月19日朝刊
  18. ^ 『秋田駅-東能代駅間 駅開業100周年記念誌』p.185
  19. ^ “北上、田沢湖線支社境界見直し JR東日本”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (1996年9月26日) 
  20. ^ “JR秋田支社 ホームページ開設 管内各地の情報提供へ”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 3. (1997年3月7日) 
  21. ^ 「JR東日本秋田支社、ローカル鉄道4社と連携協定」日本経済新聞ニュースサイト(2018年7月30日)2018年10月3日閲覧および『日経産業新聞』2018年8月6日(食品・日用品・サービス面)
  22. ^ 「3者連携協定の取組み」滞在型宿泊施設の開業について JR東日本秋田支社プレスリリース(2019年6月19日)2019年6月29日閲覧
  23. ^ “<JR東>秋田初の食事付き学生マンション建設へ 20年春オープン”. 『河北新報』. (2017年12月16日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201712/20171216_42030.html 2017年12月17日閲覧。 [リンク切れ]
  24. ^ “ノーザンステーションゲート秋田 秋田駅東口に食事付き学生マンション・合宿所の計画を進めます”. JR秋田支社. (2017年12月15日). http://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20171215-2.pdf 2017年12月17日閲覧。 
  25. ^ “秋田・角館の古民家ホテル、20年3月開業 JR東日本”. 『日本経済新聞』. (2019年11月14日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52173040U9A111C1L01000/ 2020年2月13日閲覧。 
  26. ^ 棟方幸人「五能線 新型電気式気動車 GV-E400系 運転スタート」『秋田魁新報』2020年12月13日
  27. ^ 奈良水萌「県内20年ぶりの新駅 泉外旭川駅 開業」『秋田魁新報』2021年3月14日1面
  28. ^ 全面広告「JR秋田駅に3月24日(水)開業! 駅たびコンシェルジュ」『秋田魁新報』2021年3月20日8面
  29. ^ 「秋田の4あわせ鉄道博覧会」WEBページの開設について JR東日本秋田支社プレスリリース(2021年7月1日)2021年7月18日閲覧
  30. ^ 第34回定時株主総会招集ご通知 - 事業報告 (PDF) p.43 - 東日本旅客鉄道 2021年6月7日閲覧。
  31. ^ 「東日本旅客鉄道 秋田総合車両センター南秋田センター 秋アキ」『JR電車編成表 2021夏』太田浩道、発行人 横山裕司、交通新聞社〈ジェー・アール・アール編〉、2021年5月24日、20頁。ISBN 978-4-330-02521-6
  32. ^ 「東日本旅客鉄道 秋田新幹線車両センター 幹アキ」『JR電車編成表 2021夏』太田浩道、発行人 横山裕司、交通新聞社〈ジェー・アール・アール編〉、2021年5月24日、19頁。ISBN 978-4-330-02521-6
  33. ^ a b c 川村巴「県産野菜、こまちで上京 JR東 日本郵便 販売経路確立に試験」『秋田魁新報』2019年12月7日1面

参考文献[編集]

  • 田宮利雄『秋田鉄道100話』無明舎出版、1983年
  • 田宮利雄『一世紀を駆けぬけた 秋田の鉄道百年そして秋田新幹線』R2アソシエイツ、1997年
  • 『秋田駅-東能代駅間 駅開業100周年記念誌』東日本旅客鉄道秋田支社、2003年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]